滋賀夕刊新聞社は滋賀県長浜を中心に政治、経済、文化の情報をお届けする新聞です。



子どもと向き合う姿勢、大人自身が再点検を   2018年 4月 21日

 19日の長浜市議会総務教育常任委員会で、小中学校での校内暴力や器物損壊の実態について、市教委から報告があった。
 市教委によると昨年度(今年2月末までの集計)の小学校での暴力行為は、対教師63件、児童間18件、器物損壊14件の計95件。市内2小学校で73件、また、児童3人で40件を占めていることから、「特定の学校で、特定の児童が暴力的な行動を繰り返した」と報告している。
 授業中にできなかったことに対して腹を立てて暴れたり、他の児童の学習を邪魔したりする。それを止めに入った教員に物を投げたり、叩いたり、蹴ったり、引っかいたりしたという。
 中学校は対教師9件、生徒間27件、器物損壊11件の計47件。「課題の大きい生徒が3年生に集中し、校内外で粗暴な言動に及んだ」「複数の学校で交友関係が広域に広がり、集団になって問題行動を行った」と報告している。
 暴力行為の件数自体は過去に比べて増えているが、「ひっかいた」程度の軽微な事案でも積極的に把握・報告するなど、件数増加の背景には、教育現場の意識変化が背景にあることを付け加えておきたい。
 さて、小中学校ともに、児童・生徒が暴力行為に走る背景として、家庭の生活環境を挙げている。
 「幼少時から現在に至るまで、家庭がネグレクトや暴言・暴力などの虐待環境にあり、大人の粗暴な言動を学んで、学校で不適切な言動をしてしまう」(小学校のケース)。
 「幼少時から粗暴な生活環境の中で養育され、学校でも規則を守らずに注意を受け、それに反発して物にあたるなどの粗暴な言動を繰り返す」(中学校のケース)。加えて、「学校の指導方針に協力していただけない保護者がおられ、指導が困難を極めた」(同)とも指摘している。
 家庭環境が子どもの心身の成長に重大な責任を持つことは記すまでもないが、大人自身が改めて子どもと向き合う姿勢を再確認したいものだ。
 長浜市には「子育て憲章」がある。▽子どもに誠実に生きる姿を見せます▽見守るまなざし、叱る勇気を大事にします▽ルールとマナーを教え、奉仕の心を育みます▽自然や人々に感謝の心でふれあう子どもを育てます▽長浜に誇りをもち、地域に貢献する子どもを育てます—。
 この憲章、子育て世代に限らず、地域の大人にも心して欲しい。子どもの心身を育むのは何も家庭や学校だけではない。家庭や学校を取り巻く地域社会にも、その責任があるのだから。今一度、大人自身が子どもに向き合う姿勢を再点検したい。

続きを読む

過去のコラム

本に親しんで!上級生が読み聞かせ   2018年 4月 21日


本に親しんで!上級生が読み聞かせ

長浜小で「子ども読書の日」にちなみ
 「子ども読書の日」(23日)を前に、長浜小学校で21日、上級生が下級生に図書を読み聞かせる交流読書が行われた。
 4月23日は「ロミオとジュリエット」や「ハムレット」などで知られる劇作家シェイクスピアと、「ドン・キホーテ」の著者セルバンテスの命日にちなんでユネスコが「世界図書と著作権の日」として定め、日本でも2001年の「子どもの読書活動の推進に関する法律」施行に伴って、同日を「子ども読書の日」に制定している。
 長浜小学校ではこの日に合わせて、読書を通して交流し、読み手と聞き手が互いに相手を思いやる気持ちを育もうと、毎年、読み聞かせを実施している。
 読み聞かせ役の4〜6年生があらかじめ図書館で借りたり、自宅から持ってきたりして図書を準備。休み時間などを使って、読み聞かせを練習してきた。
 この日は各教室で上級生と下級生が隣り合って座り、読み聞かせ。森田透和君(6年)は「1年生に分かりやすくて、楽しめる本を図書館で選んだ。休み時間に何度も練習したので、今日は今までで一番上手に読めた」と話し、森田君の読み聞かせる絵本に夢中になっていた北川倖大君(1年)は「絵本が好き。すごく楽しかった」と満足気な表情だった。


続きを読む

湖北の「水」の風景、油絵で   2018年 4月 20日


湖北の「水」の風景、油絵で

こめかで仲西さんの個展、市展特選作品など
 益田町の真宗寺住職・仲西裕昭さん(67)=写真=の油絵展が「コーヒー&ピザタイムこめか」(元浜町)で開かれている。
 仲西さんは大学生時代に我流で油絵を始め、定年退職を機に3年前から再開。米原公民館の「米原アートスクール」に月2回通い、独立美術協会会員の森田康雄さんらから指導を受けている。
 「時間に余裕ができたので、好きだった油絵を再開した。気が向いたら、1日1時間程度キャンバスに向かい合う程度」と説明する仲西さんだが、早くも県展や地元の市展で特選・入選を重ねている。
 こめかでは、冬の田んぼを描いて米原市展特選に輝いた「湖北玄冬」や、長浜市展特選の「ヨットハーバー」をはじめ、米川や琵琶湖、水田など湖北地域の「水」のある風景画を中心に14点を展示。仲西さんは「湖北の風景画を見て、くつろいでいただければ」と来場を呼びかけている。午前10時から午後6時、5月7日まで。火曜定休。


続きを読む

過去のニュース

過去の写真


しが彦根新聞
滋賀夕刊電子版
滋賀夕刊宅配版
滋賀夕刊デジタルトライアル
“新聞広告の資料請求、ご案内はこちらから"
 
長浜市
長浜市議会