滋賀夕刊新聞社は滋賀県長浜を中心に政治、経済、文化の情報をお届けする新聞です。



便利さの裏側で   2019年 2月 22日

 現代の暮らしに不可欠なコンビニ。365日24時間オープンで、弁当や総菜、雑誌、日用品など品揃えが豊富。ATMで現金を引き出せ、公共料金の支払いや宅配物の受け取りもできる。滋賀夕刊も事務所の隣がコンビニなので小生は毎日のように利用している。
 しかし、その便利さの代償として、働き手が限界を迎えている店がある。今、東大阪市にあるセブンイレブンのフランチャイズ加盟店が人材不足を理由に24時間営業を取り止め、19時間営業に切り替えたところ、本部から契約解除と違約金1700万円を通告される事態となっている。
 オーナーの男性は7年前にセブンイレブンとフランチャイズ契約を結び、店を開業。学生らのアルバイトを雇いながら夫婦で切り盛りしていたが、昨年、妻をがんで亡くし、さらには学生アルバイトが卒業と同時に店を辞め、人手不足に陥った。アルバイトを募集しても集まらず、男性が連続して店に出ることに。この8カ月で休んだのは3日間だけという。
 「過労死してしまう」。男性は午前1時から6時の営業を取り止めることを決断し、2月1日から実施した。
 これに対して本部は期間限定で夜間の人的サポートを提案し、24時間営業に戻すよう求めているが、男性は「人員派遣は永続的な対応でない」と拒否している。
 本部に反旗を翻す男性に、24時間営業を負担に感じる全国のオーナーから応援のメールなどが寄せられているという。
 コンビニでの過酷労働は昨年2月の福井豪雪でも問題になった。自衛隊が災害派遣されるほどの大雪。県内のセブンイレブンのオーナー夫婦が雪かきに追われたうえ、アルバイトも出勤できず、来客も少ないことから営業中止を本部に相談したが、認めてもらえなかった。妻は過労で救急搬送され、夫は約50時間にわたって勤務することになった。
 いつでも営業しているという安心感がコンビニの強みであることは言うまでもない。しかし、誰かの犠牲の上に成り立っているのならば、そのサポートや改善が欠かせない。特にフランチャイズ契約は本部の縛りが強く、今回のケースのようにオーナーであるにもかからず営業時間も独自に決められない。
 我々、消費者はコンビニをはじめ便利なサービスをさも当然のように享受しているが、その裏側で大企業との契約により過重な労働を強いられている人はいないのか、問い直したい。質の高いサービスの背景で誰かが犠牲になっていないか、そして、そのサービスは持続可能なのかと。サービスを生んでいるのが、どこかの誰かではなく隣人であることを認識したい。

続きを読む

過去のコラム

びわSSS、木下杯準優勝   2019年 2月 22日


びわSSS、木下杯準優勝

湖北勢31年ぶり決勝進出で
 びわ北小とびわ南小の児童で結成するびわサッカースポーツ少年団(SSS)が、第42回木下杯で準優勝した。
 木下杯は小学5年生以下を対象にした伝統ある大会で、湖西、湖南、湖東、湖北、甲賀の各ブロック予選を勝ち抜いた県内32チームが2月3日から17日にかけトーナメント方式で対戦した。
 びわSSSは1回戦で瀬田北を11対0、2回戦で北野を2対1で破り、3回戦では前年の覇者、アミティエAに3対0で圧勝。準決勝では強豪のFC・SETAをPK戦の末下し、湖北勢としては31年ぶりの決勝戦に進出した。
 決勝戦は竜王町のドラゴンハットで行われ、湖西ブロック代表のオールサウス(大津市・石山)と対戦。前半を1対1で折り返したものの、後半に決勝点を奪われ1対2で敗れた。
 木下杯の上位4チームは、3月23日から堺市内で開かれる関西小学生サッカー大会(フジパンカップ)への出場権が与えられる。キャプテンの中川翔介君(5年)は「最高の仲間と一緒に関西大会頑張ります」と意気込んでいる。
 なお、木下杯の出場選手は次の皆さん。
 北川統、中川翔介、吉川愛輝、杉田晃大、川嵜勇吾、川嵜悠斗、中川廉斗、南雲虹幸、西村理一、真壁快成、小野煌太(以上5年)、塚田愛心、橋本洛空(以上4年)。


続きを読む

朝日小に「学びの記念碑」   2019年 2月 21日


朝日小に「学びの記念碑」

インクルーシブ教育の功績を後世に
 障害児と健常児がともに学んできた証として、朝日小学校に「学びの記念碑」が寄付され、21日、児童、関係者約100人を集め、除幕式が開かれた。
 記念碑を寄贈した湖北町田中の藤居貴之さん(40)の長女・夕葵さん(12)は生まれた時から重い障害を持っており、朝日小学校に入学したが、4年からは長浜養護学校に通学していた。
 県では多様性の尊重するインクルーシブ教育を進めており、2つの学校に主籍と副次籍を置ける制度を創設。3年前から原則月1回程度、朝日小にも通学できるようになった。
 藤居さんはインクルーシブ教育に熱心に取り組んだ同校の功績を後世に引き継ごうと、記念碑を寄付することに。石碑は高さ70㌢、横1・2㍍で「柔軟な学びの場発祥の地」「共に学ぶ学籍モデル構築顕彰」と刻まれている。
 除幕式で本野宇市校長は「県内初の取り組み。人を大切にする意識の高まりや学びの力、人と人の繋がりを大切にできるようになった。思いやる心が全校児童に広がれば」と語り、板山英信教育長は「ここに至るまでには保護者、先生、子どもたちの一生懸命の努力があった。記念碑はその証。大切な思いがいっぱい詰まっている」とあいさつ。
 同級生の八木陽茉里さんは「みんなとの学びの中で相手の立場になって考えること。仲間を大切にすること。一生懸命頑張ることの大切さに気付くことができた」などと述べた。この後、6年生らの手により、除幕。記念碑の建立を祝った。


続きを読む

過去のニュース

過去の写真


しが彦根新聞
滋賀夕刊電子版
滋賀夕刊宅配版
滋賀夕刊デジタルトライアル
“新聞広告の資料請求、ご案内はこちらから"
 
長浜市
長浜市議会