滋賀夕刊新聞社は滋賀県長浜を中心に政治、経済、文化の情報をお届けする新聞です。



オービスで散歩の園児守れ

県警が、こども園の前で取り締まり
 大津内で園児ら16人が死傷した事故を受けて長浜署と県警は5日、レイモンド長浜南こども園(高橋町)前の県道で「可搬式速度違反自動取り締まり装置(可搬式オービス)」を使った取り締まりを行った。
 県警には可搬式オービスが1台あり、昨年9月から住民や学校からの要望をもとに、取り締まりが困難だった狭い通学路などで活用している。市内では西野町や加田町で実施されたことがある。
 今回は5月8日の事故を受け、園児を交通事故から守るため、実施したもので、園児たちが散歩に出かける時間帯(午前10時~11時)にあわせ、県警の警官が通行車のスピード違反に目を光らせた。
 長浜署交通課の洲鎌雅之課長は「事故を無くすには速度を落とすことが一番。目前だけに注意を払わず、周囲にも配慮し、スピードを落としてもらえたら」と話していた。
 現場は40㌔規制。写真とナンバーでドライバーを特定し、違反した場合、後日、出頭要請がある。なお、県内では4日までに交通事故で昨年同時期より13人多い29人が死亡するという異常事態に陥っている。


2019年06月05日 16:33 |


過去のニュース


しが彦根新聞
滋賀夕刊電子版
滋賀夕刊宅配版
滋賀夕刊デジタルトライアル
“新聞広告の資料請求、ご案内はこちらから"
 
長浜市
長浜市議会