滋賀夕刊新聞社は滋賀県長浜を中心に政治、経済、文化の情報をお届けする新聞です。



子ども歌舞伎、3万人を魅了

長浜曳山まつり、子どもの名演光る
 ユネスコ無形文化遺産の長浜曳山まつりは15日、本日を迎え、出番山の翁山、常磐山、萬歳楼、孔雀山の4基が長浜八幡宮や商店街などで子ども歌舞伎を披露。一時雨に見舞われたものの概ね好天に恵まれ、市街地は約3万人の見物客で賑わった。
 曳山まつりの起源である長刀組による太刀渡りの後、出番山が一番山から順番に長浜八幡宮で子ども歌舞伎を奉納し、長浜大手門通りなどに繰り出した。今年初めての試みとして一番山の翁山が曳山博物館広場に引き出されて子ども歌舞伎を披露。姉妹の再会と仇討ちへの決意を描いた「碁太平記白石噺 新吉原揚屋の場」を、傾城宮城野役の有村護君(11)らが演じた。見物客は広場の思い思いの場所から子ども役者の名演を楽しんだ。
 長刀山と出番山が集合するお旅所では、四番山の孔雀山が提灯の明かりに照らされる中で「勧進帳」を披露。武蔵坊弁慶役の高橋路由君(12)、関守・富樫左衛門役の佐藤遼介君(11)らが堂々の演技でフィナーレを飾った。


2019年04月16日 17:16 |


過去のニュース


しが彦根新聞
滋賀夕刊電子版
滋賀夕刊宅配版
滋賀夕刊デジタルトライアル
“新聞広告の資料請求、ご案内はこちらから"
 
長浜市
長浜市議会