滋賀夕刊新聞社は滋賀県長浜を中心に政治、経済、文化の情報をお届けする新聞です。



「ひつじのショーン」の世界観再現

ファームガーデン、31日グランドオープン
 日本をはじめ世界170カ国で親しまれているイギリスのクレイ・アニメ「ひつじのショーン」の世界観を伝えるファームガーデンが31日、米原市多和田の体験型観光庭園「イングリッシュガーデンローザンベリー多和田」内にグランドオープンする。19日には内覧会が開かれ、招待された長浜、米原両市の保育園や幼稚園児ら約650人が一足早く「ひつじのショーン」の世界を楽しんだ。
 「ひつじのショーン」は羊・ショーンを主人公にしたユーモアあふれるストーリーが人気で、日本でもNHK・Eテレで放送されている。粘土(クレイ)製の人形を少しずつ動かしながら撮影する手法で制作。セリフはなく、表情や動きで物語を表現している。
 庭園を運営するメリーデイズが制作会社とライセンス契約を締結し、敷地約5000平方㍍にアニメに登場する「牧場主の家」や「ひつじたちの小屋」などを再現。結婚式や音楽会などに利用できる多目的ホール、カフェも併設している。
 これまでのイングリッシュガーデンは大人向けだが、ファームガーデンはファミリー層をターゲットにしており、大澤恵理子社長(62)は「ファミリーが来やすくなる。子どもから大人までが一緒に楽しんでいただきたい」と話している。なお、プレオープンは23日から。
 ローザンベリー多和田の入場料は中学生以上1000円、3歳以上500円。午前10時から午後5時まで。火曜休園。問い合わせはローザンベリー多和田☎(54)2323へ。


2019年03月19日 17:13 |


過去のニュース


しが彦根新聞
滋賀夕刊電子版
滋賀夕刊宅配版
滋賀夕刊デジタルトライアル
“新聞広告の資料請求、ご案内はこちらから"
 
長浜市
長浜市議会