滋賀夕刊新聞社は滋賀県長浜を中心に政治、経済、文化の情報をお届けする新聞です。



プロジェクター、母校に寄贈

大垣共立とビプレ、私募債を活用し
 大垣共立銀行は1日、長浜北中学校にプロジェクター1台を寄贈した。
 企業が発行する私募債を同行が引き受け、発行額の0・2%を企業の指定する学校や団体へ寄付する取り組み。同行はOKB地域応援私募債「拍手喝債」のネーミングで2017年からこの私募債の提供をはじめ、これまで約130件の実績がある。
 今回は、金属表面処理加工を手掛ける「ビプレ」(西上坂町、椙本真司社長)の私募債発行に伴い、椙本社長が寄付先として母校の長浜北中を指定。同校のリクエストに応じて、壁やスクリーンに映像を映し出すプロジェクターを寄贈した。
 1日に同校で行われた贈呈式で、椙本社長は従業員の65%が長浜北中出身であることを紹介し「寄贈できることを嬉しく、誇りに思う」と話した。


2019年02月02日 16:43 |


過去のニュース


しが彦根新聞
滋賀夕刊電子版
滋賀夕刊宅配版
滋賀夕刊デジタルトライアル
“新聞広告の資料請求、ご案内はこちらから"
 
長浜市
長浜市議会