滋賀夕刊新聞社は滋賀県長浜を中心に政治、経済、文化の情報をお届けする新聞です。



金賞は林君と宇野君

長浜城歴史博物館「歴史新聞コンクール」
 自由研究コンクール「長浜城H―1グランプリ」の優秀作品が決まり、27日、臨湖で表彰式が行われた。
 長浜城歴史博物館と同館友会が、子どもたちの思考力や創造力、表現力を養おうと、2011年から始めたもの。「ぼく・わたしの住んでいる地域の歴史や人物」をテーマに新聞スタイルの作品を募集し、市内の小中学生から197点の応募があり、小学生の部金賞には湯田小5年・林佑羽君の「姉川タイムズ」、中学生の部金賞には浅井中2年・宇野晃平君の「浅井中新聞」が選ばれた。
 林君の新聞は「姉川合戦」がテーマ。戦地となった三田町で取材し、合戦で70人もの死者が出たことを知った。苦労した点は新聞のタイトルや見出し。人の目をひきつけた点などが評価され「次も挑戦して、頑張ろうと思う」と受賞の喜びを語っていた。
 宇野君の作品は「雨森芳洲と朝鮮通信使」がテーマ。雨森芳洲庵の職員から聞いた話を基に、わかりやすくまとめ、レイアウトを工夫した。「芳洲は、今話題になっているだけと思っていたが、調べてすごい業績を残した人で尊敬できる人物」と述べ「苦労して作ったし、自分でも納得できる作品。認めてもらえたことはすごく嬉しい」と話している。
◇   ◇
 このほか、優秀作品には次の6人が選ばれた。
 【小学生】
 ▽銀賞=「歴史新聞〜長浜に天才発明家がいた」長浜小5年・寺村恒亮。
 ▽銅賞=「ふなずし新聞」長浜北小5年・居藤百花。
 ▽審査員特別賞=「滋賀県のお城」湯田小4年・北村信哉。
 【中学生】
 ▽銀賞=「陣の森新聞」湖北中1年・山内萠愛。
 ▽銅賞=「長浜戦国新聞」浅井中1年・宮本琳。
 ▽審査員特別賞=「川道の観音さま」びわ中2年・宮川郁人。
 なお、入選8作品は2月1日から3月10日まで長浜城歴史博物館で展示する。


2019年01月29日 16:06 |


過去のニュース


しが彦根新聞
滋賀夕刊電子版
滋賀夕刊宅配版
滋賀夕刊デジタルトライアル
“新聞広告の資料請求、ご案内はこちらから"
 
長浜市
長浜市議会