滋賀夕刊新聞社は滋賀県長浜を中心に政治、経済、文化の情報をお届けする新聞です。



子ども達の力作ずらり

湖北児童生徒書初め展 ロウ書き、古代文字も
 湖北児童生徒書き初め展(長浜市、長浜文化スポーツ振興事業団主催)が25日から長浜文芸会館で始まった。
 長浜、米原の小中学校から応募のあった優秀作品1264点を展示し、会場には「初夢」「一心不乱」「舞花」「ふじ山」「まめ」など力強く書いた作品が並んでいる。また、黒い紙に白の文字が浮き上がる「ロウ書き」や、古代文字と詩文を組み合わせた表現など、個性的、独創的な作品も目を引く。
 県書道協会副理事長の押谷達彦さんが審査し、特選16点、準特選254点を選んだ。押谷さんは「特選に入った秀作はどれも、子ども達の気持ちよく書いている姿が目に浮かぶものばかり」と講評している。
 展示は午前9時から午後5時、2月3日まで。特選に選ばれたのは次の皆さん。
 【小学生】松本璃空(杉野2)、横川拓眞(古保利3)、勅使河原葵(南郷里3)、野洲実桜(古保利4)、松浦星愛(南郷里4)、平居真依(同5)、日下部亘宥(神照5)、中井真緒(長浜北6)、久保田真以(同)。
 【中学生】奥村隼人(長浜西1)、古川結菜(長浜北1)、中川穂南(長浜南2)、茂森康佑(長浜西2)、松井嵩磨(高月3)、川崎勇輔(同)、新川玲菜(余呉小中・中3)。


2019年01月25日 17:05 |


過去のニュース


しが彦根新聞
滋賀夕刊電子版
滋賀夕刊宅配版
滋賀夕刊デジタルトライアル
“新聞広告の資料請求、ご案内はこちらから"
 
長浜市
長浜市議会