滋賀夕刊新聞社は滋賀県長浜を中心に政治、経済、文化の情報をお届けする新聞です。



市長訓示「挑戦し見聞深めて」

長浜市で仕事始め式、職員抱負も
 県内の自治体で4日、新年の仕事始め式が行われ、長浜市では藤井勇治市長が好奇心旺盛な干支のイノシシを例に挙げて「様々なことに挑戦し見聞を深めて」と職員に訓示した。
 式には幹部職員や議員ら約200人が出席。藤井市長は「好奇心旺盛で、いろんなことにチャレンジする今年の干支のイノシシにあやかり、仕事でもプライベートでも様々なことに挑戦し見聞を深め、新しい長浜のスタイルを創造して欲しい」と職員に呼びかけた。
 また、今秋、旧市役所跡地に図書館やまちづくりセンター、産業支援センターなどの機能を集約した産業文化交流拠点施設がオープンすることを取り上げ、「集う人が自然と交流できる仕掛けをし、新たなまちづくりのきっかけとなる交流を生み出したい」と語った。
 職員を代表して年女の岡本千秋さん(23)=長浜城歴史博物館学芸員=は「多くの皆様に長浜城へご来館いただくことで、長浜の歴史の魅力や重みを肌で感じていただき、全国に長浜の歴史ファンを増やしていければ」と抱負を語った。


2019年01月04日 15:58 |


過去のニュース


しが彦根新聞
滋賀夕刊電子版
滋賀夕刊宅配版
滋賀夕刊デジタルトライアル
“新聞広告の資料請求、ご案内はこちらから"
 
長浜市
長浜市議会