滋賀夕刊新聞社は滋賀県長浜を中心に政治、経済、文化の情報をお届けする新聞です。



長濱蒸溜所から「AMAHAGAN」誕生

ブレンデッド・モルトウイスキー、12月4日発売
 長濱浪漫ビール(朝日町)が運営する「長濱蒸溜所」が同蒸溜所初となるブレンデッド・モルトウイスキー「AMAHAGAN(アマハガン)」をリリース。12月4日から発売される。
 同社では、ウイスキーとビールは同じ原料を使うことから、ビール製造の技術と設備を生かしたウイスキー作りを模索。2016年、店内の一角に蒸留釜2基などを備えた日本最小規模の蒸溜所を整備した。蒸溜した原酒は樽詰めされて現在は熟成中で、蒸溜したての「ニューメイク」は店内でオーダーできる。
 今回、リリースするウイスキーは海外のモルトウイスキーをベースに長濱蒸溜所の原酒をブレンドし、味わいを整えたもの。アルコール度数は47度とやや高めだが、蒸溜責任者の清井崇さん(46)は「フレッシュさとフルーティーさが合わさり、飲みやすい味わいに仕上がっている」と出来栄えに満足気。
 商品名の「アマハガン」は「長浜」のローマ字を逆さに読んだもの。現存する蒸溜所のうち世界最古として知られるアイルランドの「キルベガン蒸溜所」を意識したという。
 長濱浪漫ビール店内での販売はなく、代理店「都光酒販」(東京都)を通じてリカーマウンテンなどで販売する。約3000本を出荷。参考小売価格は4900円(税別)。


2018年11月30日 17:36 |


過去のニュース


しが彦根新聞
滋賀夕刊電子版
滋賀夕刊宅配版
滋賀夕刊デジタルトライアル
“新聞広告の資料請求、ご案内はこちらから"
 
長浜市
長浜市議会