滋賀夕刊新聞社は滋賀県長浜を中心に政治、経済、文化の情報をお届けする新聞です。



キャップを園芸プランターに

淡海フィランソロピーネット、回収協力の学校にプレゼント
 ペットボトルキャップのリサイクル運動に取り組む「淡海フィランソロピーネット」(運営委員長=大道良夫・滋賀銀行頭取、事務局・県社会福祉協議会)はペットボトルキャップを原料にした園芸用プランターなどを長浜市内の小中学校など40校に寄贈する。
 同ネットは県内の108の企業・団体、個人で組織し、社会貢献をテーマにセミナーや広報活動に取り組んでいる。リサイクル運動も活動の一環で、県内の学校や企業でペットボトルキャップを募り、障害者作業所で回収・分別し、リサイクル会社を通じて園芸用プランターに加工。障害者作業所の生産する花の種、土と合わせて栽培キットにして、キャップの回収に協力する学校にプレゼントしている。活動5年目を迎える今年は長浜市内の学校を対象にし、今月1日から各学校に順番に届けている。
 また、長浜市社会福祉協議会ボランティアセンターと湖北日曜大工クラブもキャップ回収ボックスを手作りして学校にプレゼントし、活動を後押している。
 同ネットでは「ごみを減らそうとキャップを集める方々、暑い日も寒い日も雨の日もキャップを回収してくれる作業所の方々、キャップをプランターに作り変えてくれる企業の方々。多くの方々の思いが詰まっている」と子ども達に呼びかけ、「このプランターで花を育ててもらうことで、環境と福祉を思う心をますます持ってもらえれば」と話している。


2018年11月02日 16:54 |


過去のニュース


しが彦根新聞
滋賀夕刊電子版
滋賀夕刊宅配版
滋賀夕刊デジタルトライアル
“新聞広告の資料請求、ご案内はこちらから"
 
長浜市
長浜市議会