滋賀夕刊新聞社は滋賀県長浜を中心に政治、経済、文化の情報をお届けする新聞です。



男子ホッケーが全国優勝

福井国体で 6年ぶり5回目、女子は3位
 国民体育大会「福井しあわせ元気国体」、ホッケー少年男子の部で8日、伊吹高校単独編成による滋賀チームが優勝した。国体の優勝は6年ぶり5回目。同女子の部でも同校は3位入賞を果たした。
 チームは準々決勝、岐阜戦で5対0、準決勝、地元の福井を2対1で破り、決勝の富山でも3対2の接戦で勝利した。
 女子も準々決勝で香川を2対1で破ったが、準決勝の福井戦を0対0で分け、SO(シュートアウト)戦の末、惜しくも2対1で惜敗。3位決定戦で栃木と分け、同率3位となった。
 両チームの報告会がこの日の夕方、同校で開かれ、平尾道雄米原市長、県ホッケー協会の辻村克会長らが両チームを讃えた。
 脇坂高峰校長は「すごい試合をしてくれた。感動の余り、最後は泣けてきた。女子も一生懸命やってくれた」と賞賛。「ホッケーの町、米原の誇り。皆さんの栄誉を、市民の栄誉として、さまざまな努力に敬意を表したい」と喜びを語った。
 男子キャプテンの戸田樹選手(3年)は「インターハイで負けた悔しさをバネに、一から立て直し、国体優勝を目指して頑張ってきた。周りの支えのおかげで結果が出せた」と述べ、女子キャプテンの太田美友那選手(3年)は「チームワークと団結の力。ホッケーができる環境があったため、ここまでこられた。3位は悔しい。次は優勝を狙いたい」と語った。
 なお、ホッケー成年男子の部でも同校OBを中心とした滋賀選抜が3位に入賞した。


2018年10月09日 16:18 |


過去のニュース


しが彦根新聞
滋賀夕刊電子版
滋賀夕刊宅配版
滋賀夕刊デジタルトライアル
“新聞広告の資料請求、ご案内はこちらから"
 
長浜市
長浜市議会