滋賀夕刊新聞社は滋賀県長浜を中心に政治、経済、文化の情報をお届けする新聞です。



仕事の意義や苦労学ぶ

長浜北中で地域の経営者ら授業
 長浜北中学校で29日、地域の事業所の経営者らを講師に迎えた授業が行われ、2年生230人が仕事の面白さや苦労などを学んだ。
 授業は職場体験を目前に控えた2年生に、働くことの意義や社会人としての生き方について学んでもらおうと、PTAが企画した親子活動「将来の夢、将来の自分」。明豊建設、豊建築設計事務所、佐藤酒造、高橋金属、わたなべ陶器、川北塗料、北びわこホテルグラツィエなど16事業所が協力した。
 神照町で結婚式場「スタイリッシュコンフォート・リィネア」を運営する京岩神前殿の和田洋典社長(42)は結婚式や披露宴の意義、ウエディングプランナーの役割、仕事の苦労や喜びなどを話した。結婚式について「人生において自分が主役になれるのは、出生、結婚、お葬式。その中で結婚式を体験することが最高の幸せと言われる」と語り、「2人の幸せだけでなく、家族同士のつながりを深めるための重要な機会ともなる」と説明した。
 ウエディングプランナーについて「目に見えない幸せを、目に見える形で演出する仕事。式が100回あれば、演出も100通りある」と語り、「いろいろな要望に対して、プランナーは『できない』と言えない。絶対に失敗が許されないプレッシャーがあるが、苦労した分、喜びが大きい」「これほど幸せを感じられる仕事は他に少ないのではないか」と、ウエディングプランナーの魅力を紹介した。
 授業を受けた一谷菜月さん(14)は「幸せをお手伝いしている仕事はカッコいい」、澤居和奏さん(13)は「やりがいがある仕事。将来やってみたい」と感想を話していた。


2018年09月29日 16:55 |


過去のニュース


しが彦根新聞
滋賀夕刊電子版
滋賀夕刊宅配版
滋賀夕刊デジタルトライアル
“新聞広告の資料請求、ご案内はこちらから"
 
長浜市
長浜市議会