滋賀夕刊新聞社は滋賀県長浜を中心に政治、経済、文化の情報をお届けする新聞です。



石こう版画にチャレンジ

びわ南小3年、京都精華大生らと
 びわ南小学校で21日、京都精華大学芸術学部の準教授、学生らを講師に招いた工作教室があり、3年生33人が「石こう版画」に挑戦した。
 「石こう版画」は銅版画(エッチング)の要領で、プラ板に千枚通しで描画し、油性インクを染み込ませる。作品の周りには四角や丸型の型枠を立て、その中に石こうを流し込む。枠を外すとインクで描いた絵が石こうに写り、立体的な作品に仕上がる。
 この日は宮永甲太郎準教授や小田川柚子さん(4回生)ら計10人が作り方をアドバイス。児童たちは思い思いに描いたネコやタヌキなどを「3Dアート」に仕上げた。「飛んでいるクジラ」をイメージして作った曽我晄太郎君は「予想どおりの作品に仕上がった。みんなの作品も形がおもしろく個性があった」と話していた。


2018年09月25日 16:33 |


過去のニュース


しが彦根新聞
滋賀夕刊電子版
滋賀夕刊宅配版
滋賀夕刊デジタルトライアル
“新聞広告の資料請求、ご案内はこちらから"
 
長浜市
長浜市議会