滋賀夕刊新聞社は滋賀県長浜を中心に政治、経済、文化の情報をお届けする新聞です。



旧朝日幼稚園でキクラゲ栽培

芳醇会、障害者の就労を支援
 湖北町山本の社会福祉法人「芳醇会」は長浜市が所有していた旧朝日幼稚園の園舎を購入し、障害者の就労の場として活用。キクラゲ栽培を開始した。
 同幼稚園は統廃合により2013年度に閉園となり、その後、倉庫として使われていたが、市では現有施設を生かした形での売却先を求め、公募型プロポーザルによる売却を計画。障害者の就労支援と地域交流を目的とした同会の活用法が今年3月、選定された。
 同会では障害者介護デイサービスなどを行っており、利用者の生産活動の一環として、キクラゲ栽培を行うことに。保育室として使われていた2室を菌床室に改修。室温22〜24℃、湿度95%に保ち、2000床の菌を育成。1個(縦20㌢、横15㌢、奥行き10㌢)の菌床から3回、計1㌔前後が収穫できるといい、排菌はたい肥として再利用できる。
 国内の中華料理店などが使用している乾燥キクラゲは、ほとんどが中国産。同会は地元の道の駅などへの出荷を考えており「クリーンルームで無農薬栽培だから安心、安全。作業も室内の清掃やキクラゲの摘み取り、包装など単純作業なので雇用の場も広がる」としている。
 また、同施設内には住民が集える多目的ホール、福祉・健康相談ルーム、通園バスの保護者の待合所なども設け、地域にも貢献。同会企画室長の伊藤哲哉さんは「市の有休財産を公共の福祉に活用したかった。障害者雇用のひとつのきっかけとなれば」と話していた。


2018年09月03日 16:27 |


過去のニュース


しが彦根新聞
滋賀夕刊電子版
滋賀夕刊宅配版
滋賀夕刊デジタルトライアル
“新聞広告の資料請求、ご案内はこちらから"
 
長浜市
長浜市議会