滋賀夕刊新聞社は滋賀県長浜を中心に政治、経済、文化の情報をお届けする新聞です。



伊吹山に秋の訪れ

サラシナショウマが見ごろ
 伊吹山で秋の風物詩、サラシナショウマが咲き始め、見ごろとなっている。
 サラシナショウマ(晒菜升麻)は、キンポウゲ科の多年草で、根茎(升麻)は解毒、抗炎症作用があり、若菜を水でさらして食べたことからこの名が付いた。花穂は細長いブラシのような形をしており、毎年、秋になると山肌を真っ白にする。
 伊吹山ドライブウェイによると、例年より1週間早く開花。特に西登山道を少し登ったところに群生している。イブキトリカブトやコイブキアザミなど秋の花も咲き、一足早く秋の訪れを感じさせているという。見ごろは9月中旬まで。


2018年08月30日 16:16 |


過去のニュース


しが彦根新聞
滋賀夕刊電子版
滋賀夕刊宅配版
滋賀夕刊デジタルトライアル
“新聞広告の資料請求、ご案内はこちらから"
 
長浜市
長浜市議会