滋賀夕刊新聞社は滋賀県長浜を中心に政治、経済、文化の情報をお届けする新聞です。



百日紅と梅花藻の共演

醒井の地蔵川、「インスタ映え」で人気
 米原市醒井の地蔵川で、猛暑の中、川面を漂うサルスベリ(百日紅)の花びらと水中から顔をのぞかせたバイカモ(梅花藻)の花が涼感を漂わせている。
 バイカモは川の水量が減ると川面から梅に似た小さな白い花が姿を見せる。川沿いに植えられたサルスベリからは、赤やピンクの花びらが川に舞い落ちる。紅白の花の共演はこの時期、地蔵川の風物詩となっている。
 夏休みに入り、JR醒ヶ井駅前の駐車場には観光バスが大挙している。近くの醒井水の宿駅によると、ウイークデーだと10台、週末だと30台余りが駐車する。
 バイカモが「インスタ映え」するせいか、近頃はカメラやスマホを手にした女性が多く、レンズを水面に近づけて撮影している姿がよく見かけられるという。


2018年08月08日 16:28 |


過去のニュース


しが彦根新聞
滋賀夕刊電子版
滋賀夕刊宅配版
滋賀夕刊デジタルトライアル
“新聞広告の資料請求、ご案内はこちらから"
 
長浜市
長浜市議会