滋賀夕刊新聞社は滋賀県長浜を中心に政治、経済、文化の情報をお届けする新聞です。



猛暑で甘み乗り、上々

南浜ぶどう、産直びわで販売
 南浜町の「産直びわ みずべの里」で南浜ぶどうの販売が始まった。
 南浜ぶどう生産組合(18人・漣政次組合長)は約6㌶の畑で、マスカットベリーAなど22種を栽培。今はアーリースチューベンやサニールージュが店頭に並び、8月上旬から人気の藤稔、紅伊豆やシャインマスカットなども順次、販売する。
 シャインマスカットは1粒10〜15㌘の黄緑の大粒系。酸味は控えめで、パリっとした歯ごたえがあり、ジューシーで上品な甘みと香りが楽しめる。果皮が薄く、柔らかいため、丸ごと食べられ、人気上昇中。
 今夏の猛暑で生育がよく、漣組合長は「甘さが乗っており、大きさも例年並み。どの品種にもその良さがあり、食べ比べてほしい」と話している。2㌔箱2200円、手提げ1500円〜。7月の営業時間は午前9時から午後5時(8月は午前8時半から午後5時半)。
 なお、好評のぶどう狩りは8月16日から。入園料は中学生以上1200円、小学生900円、幼児600円。


2018年07月25日 16:33 |


過去のニュース


しが彦根新聞
滋賀夕刊電子版
滋賀夕刊宅配版
滋賀夕刊デジタルトライアル
“新聞広告の資料請求、ご案内はこちらから"
 
長浜市
長浜市議会