滋賀夕刊新聞社は滋賀県長浜を中心に政治、経済、文化の情報をお届けする新聞です。



逃走警戒し、留置人を避難誘導

巨大地震想定、長浜署で訓練
 長浜署は4日、巨大地震が発生した際、留置場の容疑者や被告を安全に避難させる訓練を実施。署員は留置人の逃走を警戒しながらも、けが人が出ないように慎重に誘導していた。
 訓練は震度7強の地震により署が倒壊し、2階の留置場から容疑者を避難、救助することを想定。長浜署から21人、湖北地域消防本部長浜消防署から8人が参加し、避難誘導の手順や連携を確認していた。
 署員は留置人役に腰縄と手錠をつけ、避難を誘導。2階からはしごで降りる際は手錠を外し、前後を署員が固めて逃走を警戒した。また、心肺停止の留置人がいるとして要請を受けた消防署員が応援に駆けつけ、留置人役を担架に乗せて1階へ降ろした。長浜署の下野憲雄警備課長は「逃走防止を図りながら、被留置者、護送員の双方にケガないよう、訓練で備えたい」と話していた。
 長浜署はこの日、避難訓練とは別に、先月の大阪府北部地震を教訓にした非常招集訓練も実施。全署員を対象に抜き打ちで実施し、管内をパトロールして信号機をチェックしたり、会議室で手信号の訓練に励んだ。


2018年07月05日 17:04 |


過去のニュース


しが彦根新聞
滋賀夕刊電子版
滋賀夕刊宅配版
滋賀夕刊デジタルトライアル
“新聞広告の資料請求、ご案内はこちらから"
 
長浜市
長浜市議会