滋賀夕刊新聞社は滋賀県長浜を中心に政治、経済、文化の情報をお届けする新聞です。



自然の中で流しそうめん

大見いこいの広場が振る舞う
 木之本町のキャンプ施設「大見いこいの広場」は、夏の定番メニュー「流しそうめん」を始めた。「流し初め」としてこのほど、きのもと認定こども園の園児44人を招き、冷たいそうめんを振る舞った(写真)。
 同所の職員や地元の人たちが採ってきた竹をつないで作った長さ18㍍の流し台の脇に園児が一列に並び、流れてくるそうめんを箸ですくって食べた。園児たちは大はしゃぎしながら、麺をすくい「おいしい」と大喜びだった。
 なお、自然の中の「流しそうめん」は9月末まで。1食500円。


2018年07月04日 16:58 |


過去のニュース


しが彦根新聞
滋賀夕刊電子版
滋賀夕刊宅配版
滋賀夕刊デジタルトライアル
“新聞広告の資料請求、ご案内はこちらから"
 
長浜市
長浜市議会