滋賀夕刊新聞社は滋賀県長浜を中心に政治、経済、文化の情報をお届けする新聞です。



長浜曳山まつり開幕

八幡宮で御幣迎えの儀
 ユネスコの無形文化遺産で、国の重要無形民俗文化財の長浜曳山まつりは13日未明の「起こし太鼓」で開幕を告げた。この日は朝から長浜八幡宮で「御幣迎えの儀」があり、全13山組の御幣使らが御幣を受け取った。
 御幣使の子ども達は5歳から11歳の男児が務め、狩衣、烏帽子姿で八幡宮に参拝。本殿で長刀山に金幣、12の山組に御幣が手渡された。御幣は曳山を動かす際に前柱に掲げる。
 13日は午後5時半ごろから「十三日番」と呼ばれる子ども歌舞伎の上演があり、出番山(猩々丸、壽山、鳳凰山、高砂山)の舞台で、化粧と衣装で飾った子ども役者が初めて歌舞伎を披露する。
 14日は午前中、地元で歌舞伎上演があり、午後1時ごろから曳山を八幡宮へ引く「登り山」。午後7時からは子ども役者の行列が八幡宮から各山組へ帰る「夕渡り」がある。沿道の市民や観光客の声援に応え、役者がポーズを決めたり、見得を切ることも。
 本日の15日は子ども役者の「朝渡り」、長刀組の「太刀渡り」の後、八幡宮境内で午前9時45分から三番叟と歌舞伎奉納が始まる。以降、大手門通りなどで歌舞伎公演があり、最後は御旅所に曳山が集う。
 16日は終日、地元公演を行うほか、午前10時45分から長浜文芸会館で観劇会を催す。また、猩々丸は午後5時半から平和堂アルプラザ長浜の特設会場で公演する。
◇   ◇
 長浜八幡宮の祭礼である長浜曳山まつりの起源は、長浜城主の羽柴秀吉が戦乱で荒廃した八幡宮を再興し、源義家(八幡太郎義家)の「後三年の合戦」からの凱旋を再現した「太刀渡り」(武者行列)にあるとされる。後に町民が曳山を建造し、装飾や増築などの改造を行い、「動く美術館」とも称される絢爛豪華な曳山を造り上げた。江戸期には曳山に舞台を設けて歌舞伎を奉納するようになった。
 現在では4月の祭礼に合わせて、長刀組による太刀渡りと、12基の山組のうち交替で4基ずつが「出番山」として歌舞伎を奉納している。


2018年04月13日 17:12 |


過去のニュース


しが彦根新聞
滋賀夕刊電子版
滋賀夕刊宅配版
滋賀夕刊デジタルトライアル
“新聞広告の資料請求、ご案内はこちらから"
 
長浜市
長浜市議会