滋賀夕刊新聞社は滋賀県長浜を中心に政治、経済、文化の情報をお届けする新聞です。



曳山まつりの限定御朱印

長浜八幡宮、17日まで特別授与
 長浜八幡宮は長浜曳山まつりに合わせ、限定御朱印を作成。17日まで社務所で授与している。
 御朱印は寺院や神社に参詣・参拝した際、証拠として授け与えられる印影。寺社の名称、本尊や神体の名称、日付などが墨書きされ、護符の宝印が朱墨で押されるものが多く、布施や初穂料を納めて押印してもらう。
 テレビ番組が火付け役となって以降、人気を集めており、御朱印を集めている女性のことを「御朱印ガール」と呼び、ブームに。八幡宮には土日となれば50〜100人前後が御朱印を求め、参拝に訪れるという。
 限定御朱印には金文字で「長浜曳山祭」、「曳山」の絵柄の押印が入っており、御朱印を収納できる特製クリアファイル(1000枚限定)も用意。
 同宮は「御朱印は参拝の証であり、スタンプラリーではない」と説明している。本日(15日)午後からは御旅所にも臨時授与所を開設する。各300円。


2018年04月11日 16:57 |


過去のニュース


しが彦根新聞
滋賀夕刊電子版
滋賀夕刊宅配版
滋賀夕刊デジタルトライアル
“新聞広告の資料請求、ご案内はこちらから"
 
長浜市
長浜市議会