滋賀夕刊新聞社は滋賀県長浜を中心に政治、経済、文化の情報をお届けする新聞です。



祭成功を祈願、裸参り始まる

出番山の若衆が連夜 八幡宮へ
 長浜曳山まつり(13〜16日)の成功などを祈願する「裸参り」が9日夜から始まった。
 長浜八幡宮に子ども歌舞伎を奉納する出番山の猩々丸、壽山、鳳凰山、高砂山の若衆が、それぞれの山組の詰め所から八幡宮までを練り歩いた。弓張り提灯を手に肩を組み「ヨイサー、ヨイサー」と声を張り上げ、八幡宮では手水舎に体を浸したり、水を掛け合ったりして身を清めた後、本殿でまつりの成功や役者の健康、くじ取り式(13日)のくじ運、本日の晴天などを祈願した。裸参りは12日まで4夜連続で行われる。


緊張の稽古披露、線香番
 長浜曳山まつりの開幕を前に、長浜曳山祭總當番の役員らが子ども歌舞伎の仕上がり具合を見て回る「線香番」が9日夜、行われた。
 歌舞伎の上演時間は40分と決まっており、時計の無い時代に線香を燃やして時間を計ったことに由来する行事。この日は、總當番の関係者のほか、藤井勇治市長、板山英信教育長ら来賓が出番山の稽古場を順番に訪問し、稽古の成果を見守った。
 役員や市長ら多くの観客を前にして、子ども役者はやや緊張した表情だったが、堂々の演技を披露して春休み返上の稽古の成果を発揮していた。


2018年04月10日 16:56 |


過去のニュース


しが彦根新聞
滋賀夕刊電子版
滋賀夕刊宅配版
滋賀夕刊デジタルトライアル
“新聞広告の資料請求、ご案内はこちらから"
 
長浜市
長浜市議会