滋賀夕刊新聞社は滋賀県長浜を中心に政治、経済、文化の情報をお届けする新聞です。



陶と華 テオリアで共演

福本さんと松嶋さんの作品展
 川道町の陶芸家・福本庄司さん(73)=写真=と、錦織町のフラワーデザイナー松嶋博美さん(48)による作品展「陶と華」が4日から大通寺東側の十里街道生活工芸館テオリアで始まった。
 福本さんはびわ南小学校校長を最後に教職を退いた後は趣味で陶芸を始め、現在は県展や市展の入賞・入選の常連となっている。
 福本さん5回目となる今回の作品展では、「水」をテーマに作り続けている陶芸作品に、松嶋さんが花や木の枝などを飾り付けている。陶器を覆うように枝を伸ばしたオブジェや、琵琶湖をイメージした青い花器に白い花を添えた作品などが並び、福本さんは「水をテーマにした作品なので、水の流れや動きを感じてもらえれば」と話している。最近、福本さんが没頭している「木の葉天目」の器を含め約200点を展示。午前10時から午後4時、22日まで。火曜休館。


2018年04月05日 16:36 |


過去のニュース


しが彦根新聞
滋賀夕刊電子版
滋賀夕刊宅配版
滋賀夕刊デジタルトライアル
“新聞広告の資料請求、ご案内はこちらから"
 
長浜市
長浜市議会