滋賀夕刊新聞社は滋賀県長浜を中心に政治、経済、文化の情報をお届けする新聞です。



豊公園で桜満開に

今週いっぱい見ごろ
 豊公園の桜が2日、満開を迎え(長浜市発表)、今週いっぱいが見ごろとなりそう。
 豊公園には600本のソメイヨシノが植えられ、淡いピンク色の花を咲かせている。ぼんぼり約150個を設置して、午後9時までライトアップしている。梅林も満開の時期を迎えた。
 31日、1日の週末には家族連れの市民や観光客が満開の桜の下を散策し、シートを広げて弁当を楽しむなど、思い思いに春のひと時を満喫していた。


余呉湖さくらまつり、地元PRの企画展も
 余呉湖観光館周辺で「余呉湖さくらまつり」が開かれている。15日まで。
 桜の名所、余呉湖の周りには約250本のヨメイヨシノがあり、観光スポットになっている。昨年は約1万4000人のツアー客が訪れたが、受け入れ体制が整っていなかったため、長浜観光協会では今シーズン、簡易トイレを設置。観光客に長浜の良さをPRしようと、余呉湖はごろも館で企画展「余呉湖と天女と賤ヶ岳」を開くことに。
 館内では2012、13年の「余呉湖さくらまつりフォトコンテスト」の入賞作品30点や地元絵画クラブ会員の油彩、スケッチ、天女伝説の解説パネルや賤ヶ岳合戦を紹介するジオラマ、地元住民が撮影した1950年代の「川並の昔の風景」の写真などを並べたほか、賤ヶ岳を空撮したドローン映像を放映。奥びわ湖観光ボランティア協会のメンバーが常駐し、案内している。入館無料。
 このほか、手作りのえび豆やワカサギの天ぷらなど地元の特産品の販売も。午前10時から午後3時まで。なお、同観光協会によると、余呉湖の桜の見ごろは週末。


2018年04月02日 16:20 |


過去のニュース


しが彦根新聞
滋賀夕刊電子版
滋賀夕刊宅配版
滋賀夕刊デジタルトライアル
“新聞広告の資料請求、ご案内はこちらから"
 
長浜市
長浜市議会