滋賀夕刊新聞社は滋賀県長浜を中心に政治、経済、文化の情報をお届けする新聞です。



C56ポニー、ラストラン

SL北びわこ号、27日から乗車券発売
 C56形蒸気機関車(愛称ポニー)による季節列車「SL北びわこ号」が5月27日、ラストランを迎える。最後のチャンスとなる乗車券は4月27日から発売される。
 北びわこ号は北陸線沿線の地域活性化や乗客増加を目的に、県などが誘致し、平成7年8月、米原—木ノ本駅間の運行を開始。昨年は年13日、1日2便を運行。23年間で、約31万人を乗せ、湖北路を駆け抜けてきた。
 C56形は昭和10〜14年、「小形で軽量」を重視し、設計、製造されたもので、軽快な走りから「ポニー」の愛称がついた。老朽化により夏以降は「デゴイチ」の愛称で知られるD51形にバトンタッチする。最終運行は米原駅午前10時9分発、午後1時16分発の2便。普通乗車券と指定席券が必要で27日午前10時から、JR主要駅のみどりの窓口、旅行会社で発売。
 最終運行に合わせ木ノ本駅をはじめ、沿線ではC56とのお別れイベントを企画。主な催しとしてJR長浜駅前の鉄道スクエアでは、写真や記念切符、ヘッドマークなどを展示する「さよならポニー展」を4月27日から1カ月間開催。
 木ノ本駅周辺では5月27日、特産品の販売やカフェ、屋台などの「きのもとSLまつり〜ありがとうポニー編」が開かれる。午前10時から午後3時半まで。


2018年04月25日 16:18 |


過去のニュース


しが彦根新聞
滋賀夕刊電子版
滋賀夕刊宅配版
滋賀夕刊デジタルトライアル
“新聞広告の資料請求、ご案内はこちらから"
 
長浜市
長浜市議会