滋賀夕刊新聞社は滋賀県長浜を中心に政治、経済、文化の情報をお届けする新聞です。



LEDランタンに願い乗せて

米原市の新成人がユニークなイベント計画
 「幻想的なスカイランタンで伊吹山を照らそう」—米原市の新成人有志が中心となり、ユニークなイベントを計画。現在、クラウドファンディングで資金を募集している。
 今年、成人式を企画した実行委員会のメンバー10人が「記念になること」「記憶になることをしたい」と企画。5月19日、伊吹薬草の里文化センターの芝生広場から、参加者の夢や願いを込めた赤やオレンジの200個のスカイランタンを夜空に放ち、伊吹山をほのかな灯りで照らそうというもの。安全を確保するため光源はLEDで代用し、袋の中にヘリウムガスとともに封入。回収用の黒い糸を繋いでいるため、ごみにもならない。
 ランタンには募金者の願いを書いた短冊を貼るほか、大きなランタンを作り、近隣住民にも寄せ書きしてもらう。会場では幻想的な雰囲気を演出するインド楽器シタール奏者の南澤靖浩さんと打楽器タブラ奏者グレン・ニービスさんのジョイントコンサートも。
 プロジェクトは市や同センター、ゲンジボタルの保護活動をしているグループとともに進めており、5月10日までに50万円を集めることを目標にクラウドファンディングで協力を呼びかけている。
 協賛者には額に応じ、スカイランタンやアロマキャンドルをプレゼント。当日、会場でもランタンを販売し、収益はホタルの保護活動に役立てる。事務局は「市から助成金などは一切受けていない自主事業。プロジェクトの成否はクラウドファンディングにかかっている」と協賛を呼びかけている。詳しくはFAAVO滋賀のホームページを参照。


2018年03月31日 16:03 |


過去のニュース


しが彦根新聞
滋賀夕刊電子版
滋賀夕刊宅配版
滋賀夕刊デジタルトライアル
“新聞広告の資料請求、ご案内はこちらから"
 
長浜市
長浜市議会