滋賀夕刊新聞社は滋賀県長浜を中心に政治、経済、文化の情報をお届けする新聞です。



セツブンソウ見ごろ

米原市大久保でキバナノアマナも
 米原市大久保で「早春の妖精」と呼ばれるセツブンソウの花が見頃となっている。
 セツブンソウは茎の先端に可憐な白い花を1輪咲かせる。集落内には長尾護国寺の裏山(約500平方㍍)と丘陵地(約3000平方㍍)の2カ所に自生地がある。
 地元の佐々木才次郎さん(84)によると、開花は寒さの影響で例年と比べ2週間ほど遅い。春分の日(21日)ごろまで楽しめるという。
 群生地にはセツブンソウのほか、山林などに咲くキバナノアマナやアズマイチゲ、スハマソウ(雪割草)なども。


2018年03月16日 15:26 |


過去のニュース


しが彦根新聞
滋賀夕刊電子版
滋賀夕刊宅配版
滋賀夕刊デジタルトライアル
“新聞広告の資料請求、ご案内はこちらから"
 
長浜市
長浜市議会