滋賀夕刊新聞社は滋賀県長浜を中心に政治、経済、文化の情報をお届けする新聞です。



3月8日はサバの日です

さばそうめん振る舞い 郷土料理PR
 湖北地域の郷土料理である「さばそうめん」や「さば寿司」を長浜の「食」のブランドとして広く発信しようと、市内の旅館や飲食店で組織する「湖北の食文化活用推進委員会」が8日、黒壁スクエアで観光客らに焼きさばそうめんを振る舞った(写真)。
 湖北地域では、農家に嫁いだ娘のために焼きさばを届ける「五月見舞い」と呼ばれる風習があり、農繁期に手軽に料理できるさばそうめんが郷土料理として受け継がれてきた。
 郷土料理を観光客に発信するとともに、地元住民にもそのおいしさを再発見してもらおうと、3年前、旅館や飲食店が集まって委員会を結成。3月8日を「さばの日」と設定し、PR活動に取り組んできた。
 この日は委員会のメンバーや長浜ビジネスサポート協議会、長浜地方卸売市場、郷土食研究グループの関係者らが約500食を観光客や市民に振る舞った。レシピも配り、「さばそうめんは手軽に作れて美味しい。湖北の知恵が詰まっています」と呼びかけていた。
 今後、委員会ではさば寿司についても長浜のブランド化を図るため、PR活動に取り組みたい考え。


2018年03月08日 17:05 |


過去のニュース


しが彦根新聞
滋賀夕刊電子版
滋賀夕刊宅配版
滋賀夕刊デジタルトライアル
“新聞広告の資料請求、ご案内はこちらから"
 
長浜市
長浜市議会