滋賀夕刊新聞社は滋賀県長浜を中心に政治、経済、文化の情報をお届けする新聞です。



書き損じはがき9749枚

愛光園が集計 ユネスコ協会に報告
 長浜ユネスコ協会が貧困国の教育支援活動「世界寺子屋運動」のために実施していた書き損じはがき回収キャンペーンの集計作業が9日、完了した。はがき9749枚、未使用切手881枚が集まった。
 キャンペーンは昨年12月18日から2月2日まで実施。まちづくりセンターや図書館など公共施設をはじめ、趣旨に賛同する企業など130カ所に回収ボックスを置いて、市民に協力を呼びかけた。集計作業は西上坂町の障害者作業施設「愛光園」が協力。障害者や施設職員がはがきや切手緒を金額ごとに分けて集計した。
 9日、愛光園の作業所で、湧口正男理事長がユネスコ協会の片山勝会長に集計結果を報告し、はがきなどを手渡すと、片山会長は「後進国の教育支援にしっかりと活用したい」と話していた。
 はがきは長浜郵便局で切手に交換し、日本ユネスコ協会連盟に送る。連盟では協力企業に切手を買い取ってもらい現金化。カンボジアやネパールの教育支援に活用する。
 連盟によると、昨年は全国で約97万枚の書き損じはがきが集まり、カンボジア、アフガニスタン、ネパールに寺子屋各1軒を建設した。


2018年03月09日 16:18 |


過去のニュース


しが彦根新聞
滋賀夕刊電子版
滋賀夕刊宅配版
滋賀夕刊デジタルトライアル
“新聞広告の資料請求、ご案内はこちらから"
 
長浜市
長浜市議会