滋賀夕刊新聞社は滋賀県長浜を中心に政治、経済、文化の情報をお届けする新聞です。



アユにもバリアフリー

姉川に「棚田式魚道」お目見え
 長浜市東部の姉川に新タイプの魚道が整備された。
 姉川は以前、アユが大量に遡上していたが、相撲庭町と東上坂町間は途中に大きな落差や土砂が崩落したところがあり、その数が減少していた。
 長浜土木事務所は地元有志からの要望を受け、米原市の天野川ビワマスプロジェクトで採用された扇状の魚道を参考に「棚田式魚道」を新設した。
 「棚田式魚道」は高低差約1・5㍍の河道に幅20㍍、長さ7・5㍍にわたり、半円形の階段状の段差をつけたもの。この方法だと従来の桝形魚道のように、入り口が1方向に限定されず、増水しても桝の中に土砂が堆積しないメリットがあるという。
 工期は昨年10月から2月まで。総事業費は約2000万円。


2018年02月28日 16:36 |


過去のニュース


しが彦根新聞
滋賀夕刊電子版
滋賀夕刊宅配版
滋賀夕刊デジタルトライアル
“新聞広告の資料請求、ご案内はこちらから"
 
長浜市
長浜市議会