滋賀夕刊新聞社は滋賀県長浜を中心に政治、経済、文化の情報をお届けする新聞です。



旧校舎のシンボル置物に

高月小学校PTAがプレゼント
 高月小学校PTA(松田元雄会長)は21日、旧高月小学校の校舎に掲げてあった校名の銘板をリメイクした置物を同校にプレゼントした。
 旧高月小学校は昭和41年、鉄筋コンクリート3階建てで建設されたが平成5年の移転改築に伴い、校舎を南公民館と埋蔵文化財センターとして利用。合併後は、市の文化財資料保管庫として活用されていたが、老朽化に伴い、昨年、解体、撤去された。
 PTAでは旧校舎の解体時、正面玄関に掲げられていた金属製の「高月町立高月小学校」と書かれた文字板を取り外し、業者により縦27㌢、横134㌢、厚さ3㌢のプレート上に貼り付けられ、重みのある置物に仕上がった。
 この日、PTA役員から北村諭校長に贈呈。松田会長は「旧校舎のものを何か残そうという思いだった。記念に残せて嬉しい」と話していた。
 なお、置物は校長室に置かれた後、正面玄関に飾られる予定。


2018年02月22日 16:45 |


過去のニュース


しが彦根新聞
滋賀夕刊電子版
滋賀夕刊宅配版
滋賀夕刊デジタルトライアル
“新聞広告の資料請求、ご案内はこちらから"
 
長浜市
長浜市議会