滋賀夕刊新聞社は滋賀県長浜を中心に政治、経済、文化の情報をお届けする新聞です。



自転車で徒歩で、長浜満喫を

ジャパンエコトラックに登録
 自転車やトレッキングなどを楽しみながら地域の自然や歴史、文化を体験できる観光ルート「ジャパンエコトラック」の公式エリアに「北びわ湖・長浜」が登録された。全国で11件目、県内では米原市の「びわ湖・伊吹山」に続いて2件目。
 ジャパンエコトラックは、アウトドア用品メーカー「モンベル」に事務局を置く「ジャパンエコトラック推進協議会」が提唱する旅の新しいスタイル。トレッキングや自転車、カヤックなど人力による移動手段で、日本各地の豊かな自然を体感し、地域の歴史や文化、人々との交流を楽しんでもらおうと、全国でルート選定を進めている。
 長浜市とモンベルが昨年、包括協定を結んだのを縁に、ルート選定が進められてきた。自転車で巡る「湖北平野〜清流草野川」「奥びわ湖周遊」、トレッキングの「賤ヶ岳縦走」「横山岳登山」の9ルートのほか、カヤックの「北びわ湖カヤックフィールド」を設定している。ルートを紹介する冊子(写真)3万5000部を発行し、25日から全国のモンベル直営店114店舗で配布を始めた。
 これまでに登録された他の10エリアは自然の豊かさに主眼を置いているのに対し、長浜は歴史や文化も満喫できるうえ、京阪神からのアクセスも便利。市スポーツ振興課は「これまで豊かな自然が十分に生かされていなかったが、これを機に長浜の良さを掘り起こしたい」と話している。市は今後、ジャパンエコトラックの認定ルートの案内サインを設置し、道の駅などに自転車を置けるバイクラックを整備する方針。


2018年01月30日 16:38 |


過去のニュース


しが彦根新聞
滋賀夕刊電子版
滋賀夕刊宅配版
滋賀夕刊デジタルトライアル
“新聞広告の資料請求、ご案内はこちらから"
 
長浜市
長浜市議会