滋賀夕刊新聞社は滋賀県長浜を中心に政治、経済、文化の情報をお届けする新聞です。



消防団員ら防災決意新たに

一斉放水力強く、長浜市消防出初式
 長浜市消防出初式(市、県消防協会長浜支部主催)が6日、市役所浅井支所一帯で行われ、湖北地域消防本部と消防団、企業の自衛消防隊などから合わせて約600人、車両15台が参加した。
 各消防団が整列する中、山崎重男・市消防団団長が訓示。長浜市内でここ2年間で建物火災により7人が亡くなったことを取り上げ、「火災をゼロにするのは難しいが、亡くなられる方をゼロにすることは可能」と火災報知機の設置推進を訴えた。また、昨年、台風による災害が相次いだことを念頭に「災害は必ずやってくる。我々消防団は助ける側にいることを自覚し、消防団員としての意識と責務の重要性を深く認識し、家族、市民の皆さんの厚い信頼と期待に応えていただきたい」と呼びかけていた。
 その後、車両7台による一斉放水が行われ、各団員が12万市民を火災や自然災害から守る決意を新たにしていた。
 式後は会場を浅井文化ホールに移して功績章や永年勤続などの表彰が行われた。県消防協会長表彰・功績章に輝いたのは次の皆さん。
 清水敬子(団本部)、矢野充(長浜西)、八釣浩(同)、西堀浩和(長浜東)、中川清太郎(浅井)、福本勇(びわ)、松本範生(湖北)、野川弘志(高月)、山内保隆(木之本)、三國真二(余呉)、西村武志(同)、藤谷悠紀雄(西浅井)、安藤清英(同)。


2018年01月06日 16:29 |


過去のニュース


しが彦根新聞
滋賀夕刊電子版
滋賀夕刊宅配版
滋賀夕刊デジタルトライアル
“新聞広告の資料請求、ご案内はこちらから"
 
長浜市
長浜市議会