滋賀夕刊新聞社は滋賀県長浜を中心に政治、経済、文化の情報をお届けする新聞です。



豊公園で冬支度

笠松に雪吊り施す
 本格的な冬の到来を前に、豊公園で松の木のこも巻きや雪吊りの作業が行われている。
 5日朝には長浜城歴史博物館南側の笠松に、市から委託を受けた「庭師水谷」(西野町)の水谷幸男さんら職人3人が雪吊りを施した。高さ約7㍍の竹の支柱を立て、頂点から円すい状に縄を張って枝を固定した。雪吊りは雪の重みで枝が折れるのを防ぐために施すが、水谷さんは「長浜城との景観も意識してバランスをとりながら縄を張った」と話している。
 豊公園では笠松以外にも松の木約50本に雪吊り、約100本にこも巻きを施し、「モミヤマ造園」(新庄中町)が作業を担っている。今月中旬まで続く。


2017年12月05日 15:55 |


過去のニュース


しが彦根新聞
滋賀夕刊電子版
滋賀夕刊宅配版
滋賀夕刊デジタルトライアル
“新聞広告の資料請求、ご案内はこちらから"
 
長浜市
長浜市議会