滋賀夕刊新聞社は滋賀県長浜を中心に政治、経済、文化の情報をお届けする新聞です。



みんなの力が重なって

朝日小でプラネットカンパニーが出前公演
 朝日小学校で28日、湖北地域を中心に活動するアマチュア劇団「劇団プラネットカンパニー」の公演があり、全校児童165人が楽しい舞台を観劇した。
 演じた「アレクサンダとぜんまいねずみ」はイタリアの絵本作家レオ・レオニの名作。ひとりぼっちのネズミ・アレクサンダと、おもちゃのぜんまいねずみの友情などを5人の役者たちが熱演した。
 終演後、児童たちに舞台裏を知ってもらおうと、照明や音響、衣装や大道具の役割、仕事を紹介。代表の北澤あさこさんは「どんな仕事も大切。みんなの力が重なって成り立っている」と説明していた。6年の西嶋雄太君は「とても感動した。今日のために準備や練習をしてもらい、ありがとう。また、機会があったら劇を観させてください」と感謝の言葉を述べていた。
 市では今年度から湖北地域で活動している若手アーティストや文化芸術団体を学校などに派遣しており、同劇団の公演は6月9日の永原小に続き、2回目。


2017年11月29日 16:26 |


過去のニュース


しが彦根新聞
滋賀夕刊電子版
滋賀夕刊宅配版
滋賀夕刊デジタルトライアル
“新聞広告の資料請求、ご案内はこちらから"
 
長浜市
長浜市議会