滋賀夕刊新聞社は滋賀県長浜を中心に政治、経済、文化の情報をお届けする新聞です。



山門水源 森の自然と保全

湖北まちセンでポスター展
 自然保護団体「山門水源の森を次の世代に引き継ぐ会」は湖北まちづくりセンターで、森の自然と保全を紹介するポスター展を開いている。
 西浅井の山門水源の森は、約4万年前にでき、山門、中、庄3集落に広がる約63・5㌶の高層湿原。かつては炭焼きが盛んだったが、ゴルフ場の進出話が浮上し、自然保護のため、1996年、県が公有地とし、リゾート計画はとん挫した。
 長年、放置されたままで、雑草、倒木などで荒廃していたため、自然を守ろうと、大津市の藤本秀弘さんらが2001年、同会を発足した。
 昨年10月、琵琶湖博物館のリニューアルに合わせて企画展を開催。その際に制作したポスター21枚を展示し、森の全容や歴史のほか、シカの食害からササユリを保全する活動などを紹介している。午前8時半から午後6時、12月22日まで。水曜、祝日休館。入場無料。


2017年11月21日 16:28 |


過去のニュース


しが彦根新聞
滋賀夕刊電子版
滋賀夕刊宅配版
滋賀夕刊デジタルトライアル
“新聞広告の資料請求、ご案内はこちらから"
 
長浜市
長浜市議会