滋賀夕刊新聞社は滋賀県長浜を中心に政治、経済、文化の情報をお届けする新聞です。



古民家を手作りで絵画教室に

 朝日町に古民家をリフォームした絵画教室「ナガハマ アート ラボ」がオープンした。
 主宰の松野智樹さん(33)=彦根市芹中町=は、大阪成蹊大学美術学部で油絵などを学び、卒業後は作家の傍ら、古民家をギャラリーにリメイクするプロジェクトに参加したり、イギリスを中心にヨーロッパで活動していた。
 新たな拠点、居場所となる場所を求め、3年前、長浜図書館近くにアトリエ兼教室を開設。近くに空き家があることを知り、移転することに。
 古民家は築100年余りの木造2階建。いわゆる「うなぎの寝床」で、8畳間が6部屋あった。松野さんはリメイクプロジェクトの技術を生かし、教え子たちの力を借りながら、わずか10日間ほどで畳の間を板張りに変え、壁などをリメイク。モチーフ棚や製作用の照明などを設置した。
 おしゃれな窓ガラス細工なども配しており、室内は落ち着いた雰囲気。「創作活動に没頭できるアトリエ」(松野さん)という。リフォームは途中段階で、改修過程を見ることもできる。
 松野さんは「創作活動にベストな環境づくり、居心地良いスペースを作りたかった。家に絵画を飾るなど、アートへの理解が進めば」と話している。
 教室には現在、子どもから大人まで約40人が通っており、年齢などでクラス分けしている。


2017年11月18日 17:19 |


過去のニュース


しが彦根新聞
滋賀夕刊電子版
滋賀夕刊宅配版
滋賀夕刊デジタルトライアル
“新聞広告の資料請求、ご案内はこちらから"
 
長浜市
長浜市議会