滋賀夕刊新聞社は滋賀県長浜を中心に政治、経済、文化の情報をお届けする新聞です。



気持ちを表現 さをり織り

服や小物並ぶ テオリアで作品展
 大通寺東側、十里街道生活工芸館テオリアで、同館の創作工房「さをり織り」塾のメンバーによる作品展が開かれている。
 さをり織りは、感性や気持ちの赴くままに様々な素材、色、太さの糸を織る自由度の高い工芸。テオリアでは月3回、塾があり、日吉豊子さん(近江八幡市)が指導している。
 作品展では日吉さんと生徒10人が、チュニックやベスト、スカートなどの服をはじめ、バッグやマフラー、コースターなどの小物まで計180点を展示、販売している。作者の個性があふれる独創的な作りや色遣いの作品が多く、値段も手ごろとあって売約済みの展示品も。日吉さんは「さをり織りは楽しみながら自分の気持ちを織り込んでいく。一点として同じものは作れない」とその魅力を語っている。午前10時から午後4時、23日まで。火曜定休。


2017年11月07日 16:31 |


過去のニュース


しが彦根新聞
滋賀夕刊電子版
滋賀夕刊宅配版
滋賀夕刊デジタルトライアル
“新聞広告の資料請求、ご案内はこちらから"
 
長浜市
長浜市議会