滋賀夕刊新聞社は滋賀県長浜を中心に政治、経済、文化の情報をお届けする新聞です。



美術室に心象風景画

浅井文化ホールで谷口さんの絵画展
 浅井文化ホールで、榎木町の心象風景画家・谷口貴陽さん(29)の絵画展が開かれている。
 谷口さんは飲食店などで働きながら、通信制大学に通っていたが、25歳の時、美大のオープンキャンパスに参加し、「絵を描きたい」という衝動にかられ、親を説得し、北海道の大学で美術を学ぶように。
 在学中はイラストや絵画、デジタル画などを学び、版画と油絵を専攻。3年の時、体調を崩し、帰郷したが、療養しながら創作活動を続けている。
 谷口さんは画材を研究しており、油彩や版画、デジタルコラージュなどを混合するミクストメディアや、音楽に合わせアクリル水彩をまき散らし、色を塗り重ねるアクションペインティングを得意としている。
 展示会場の2階ギャラリーは学生時代、教授や仲間と語り合え、安らぎの場だった美術室をイメージしたレイアウトにし、作品10点のほか、美術の本やクロッキー帳などを木製机の上に並べている。谷口さんは「作品には、あえてタイトルキャプションはつけておらず、見てもらった人に『何に見えるかな?』とイメージを膨らませてほしい」と話している。
 午前9時から午後5時、11月8日まで。無料。月曜休館。


2017年10月24日 15:31 |


過去のニュース


しが彦根新聞
滋賀夕刊電子版
滋賀夕刊宅配版
滋賀夕刊デジタルトライアル
“新聞広告の資料請求、ご案内はこちらから"
 
長浜市
長浜市議会