滋賀夕刊新聞社は滋賀県長浜を中心に政治、経済、文化の情報をお届けする新聞です。



季節はずれのひまわり

己高庵近くで5千本、見ごろ
 木之本町古橋、己高庵の近くの畑で、ヒマワリが満開となっており、話題となっている。
 近くの鶏足寺一帯の環境整備をしている古橋活性化委員会(金谷彰一委員長)は農村風景の保全を目的に、4年前から耕作放棄地にコスモスなどを植えており、ヒマワリは紅葉茶会に合わせて咲くようにと8月、約30㌃の畑に種を撒いた。
 獣害防止の電気柵などを畑の周りに張り巡らせ、育てたところ、順調に伸び、1・5㍍前後の高さまで成長。現在、約5000本が満開で、己高庵は「紅葉の時期より少し早く咲き過ぎたかも。今月いっぱいが見ごろ」と話している。
 ヒマワリは11月以降、希望者にプレゼントする。


2017年10月21日 16:53 |


過去のニュース


しが彦根新聞
滋賀夕刊電子版
滋賀夕刊宅配版
滋賀夕刊デジタルトライアル
“新聞広告の資料請求、ご案内はこちらから"
 
長浜市
長浜市議会