滋賀夕刊新聞社は滋賀県長浜を中心に政治、経済、文化の情報をお届けする新聞です。



ふわり、笑顔を乗せて

虎姫小の児童が気球を体験
 虎姫小学校の5、6年生が14日、大きな気球に乗って空から自分たちの住む町を見回した。
 同校PTA(音羽勇雄会長)が南田附町の「バルーンクラブ備前」に協力を呼びかけ、実現。クラブ事務局の江川恵理さんが気球の浮き上がる仕組みなどを解説した後、希望した約60人が係留飛行を体験した。
 搭乗した気球は高さ約25㍍、幅15㍍のきれいなトリコロールカラー。虎姫運動広場に駐車した4台の車とロープでつないでいる。
 児童たちは4、5人ごとにゴンドラへ乗り、バルーン内に熱風を送るバーナーの大きな音が鳴ると、びっくり。「ふわり」と高さ約15㍍まで上昇すると、「こわい」「すごい」などと歓声をあげていた。
 江川さんは「皆さんに笑顔をプレゼントしたかった」と語り、5年の村居蓮君は「すごく高く、思っていた以上だった。周りが見渡せて気持ちよかった」と話していた。


2017年10月17日 15:56 |


過去のニュース


しが彦根新聞
滋賀夕刊電子版
滋賀夕刊宅配版
滋賀夕刊デジタルトライアル
“新聞広告の資料請求、ご案内はこちらから"
 
長浜市
長浜市議会