滋賀夕刊新聞社は滋賀県長浜を中心に政治、経済、文化の情報をお届けする新聞です。



オリックス バッファローズ、高月の前田投手を選出

NPB12球団ジュニアトーナメント 高月野球スポーツ少年団の前田悠伍投手(古保利小6年)=写真=はNPB12球団ジュニアトーナメント「オリックスバッファローズジュニア」チームのメンバーに選ばれた。滋賀県から唯一の選出。
 トーナメントは2005年から毎年12月下旬、日本野球機構(NPB)に属するプロ野球12球団主催の少年野球大会。球団ごとにセレクション(選考会)を実施し、小学5、6年生を中心としたジュニアチームを結成。3チームずつ4グループに分かれ、リーグ戦をし、各1位の計4チームが決勝トーナメントに進出。王者を決める。
 高月野球スポーツ少年団は7月29日、大阪で開かれた「オリックスバッファローズカップ」(近畿大会)に県代表として出場。1回戦に先発した前田投手は神戸のチームを1対0で完封勝利。そのピッチングがオリックスの球団関係者の目に止まり「セレクションを受けてみないか」と薦められた。
 9月18日のセレクションにはバッファローズカップに出場した約4000人の中から抜擢された110人が参加。30㍍走とフリーバッティング、ピッチングのテストがあり、うち16人がメンバーに選ばれた。
 前田投手は身長160㌢で、左腕から繰り出す110㌔を超える速球が武器。4年から投手となり、5年の時にはノーヒットノーランを達成。今シーズンは2試合、完封している。
 夢はプロ野球選手で目標はオリックスのエース・金子千尋投手。背番号は11番に決まり「大会ではいいピッチングをして、優勝したい」と意気込んでいる。
 過去、トーナメントに出場したメンバーの中には松井裕樹投手(楽天)、森友哉捕手(西武)、高山俊外野手(阪神)など、プロに進んだ選手も。なお、試合は12月27日から札幌ドームで行われる。


2017年10月04日 15:27 |


過去のニュース


しが彦根新聞
滋賀夕刊電子版
滋賀夕刊宅配版
滋賀夕刊デジタルトライアル
“新聞広告の資料請求、ご案内はこちらから"
 
長浜市
長浜市議会