滋賀夕刊新聞社は滋賀県長浜を中心に政治、経済、文化の情報をお届けする新聞です。



2017年10月31日

「芳洲先生」絵本を贈る

平井さん、「記憶遺産」の日、富永小に
 雨森芳洲庵前館長で、富永小学校の講師を務める平井茂彦さん(72)はこのほど、低学年向けの絵本「芳洲先生」を作成。31日、児童にプレゼントした。
 平井さんは地元ゆかりの芳洲の偉業を子どもたちにも知ってもらおうと、絵本作りを始め、約1カ月かけ、15冊を完成させた。
 縦横約15㌢、22ページの絵本は低学年でもわかるよう、ほとんどひらがなで表記し、手描きの水彩を用い、芳洲が若くして対馬に渡って朝鮮語を教えたことや44歳と52歳の時、朝鮮通信使を迎えたこと、亡くなる88歳まで勉強し続けたことなどを紹介している。
 この日、3年生の児童に絵本を手渡した平井さんは「今日は芳洲先生が世界の宝物に登録された日」などと説明。「私たちの身近にいた人が書いた本などが『宝物』になった」「皆さんも芳洲さんと同じように世界の人たちと仲良くしましょう」と呼びかけていた。
 授業後、平井さんはユネスコ登録に関し、「長年にわたり、地域の人たちが行った顕彰活動が実った」と喜び「芳洲さんは一般にあまり知られていない。記憶遺産になったことで、改めて認識されるのでは」と感無量だった。


| | トラックバック ( 0 )

2017年10月30日

長浜小合唱団 西日本音楽会へ出場

 長浜小学校合唱団がMBSこども音楽コンクール(毎日放送主催)の音源選考会を通過し、12月26日に大阪府池田市で開かれる西日本優秀校発表音楽会に出場することになった。昨年に続く2年連続の出場で、同合唱団では最優秀賞を目指して、熱のこもった練習に励んでいる。
 同合唱団は2010年、同校の二宮金次郎像の再建を記念した演劇公演の際、児童に呼びかけて一時的に結成された。しかし、公演後も団員が活動を続けたいと学校に訴えたことで、合唱団として活動を始めた。現在は3〜6年生の女子児童35人が学校やPTA、地域の支援を受けて、週4日程、長浜小の音楽室で練習を続けている。
 音楽コンクールは1954年に始まり、今年で64回目を迎える。音源選考会には西日本の強豪49校が臨み、うち32校が通過。滋賀からは同合唱団が唯一の出場となった。音楽会では合唱組曲「歌の始まり」を発表する。団員は北村美佳さんの指導のもと練習に打ち込み、団長の山崎紗生さん(6年)ら6年生の団員は「声を合わせ、心をひとつにして、聴いている人に感動を与えたい」と張り切っている。


| | トラックバック ( 0 )

2017年10月27日

新聞紙とセメントで

虎姫時遊館、エコな鉢作品展
 新聞紙とセメントで作った「エコな鉢」の作品展が27日から、三川町の虎姫時遊館で始まった(写真)。
 分木町の大澤三郎さん(78)は雑誌を見て19年前、京都の「魔法の鉢づくり」作家・大野月子さんに師事。5年前から地元の人たちに作り方を教えている。
 鉢はコンクリートを作る要領で、砂の代わりに古新聞を水に浸し、細かくちぎり、ベンガラや松煙粉を混ぜ、好きな色形に仕上げる。溶岩のような自然な風合いで、通気性や保湿性が良い上、使わなくなった時、地中に埋めると、土に還るため、自然に優しい、という。
 作品展ではスミレイワギクソウや深山イトラッキョなどを植えたものや自然に生えたコケ、スミレなどが咲く約70点を展示。大澤さんは「自然な風景、日本の四季を感じてもらえれば」と話している。
 午前9時から午後5時、29日まで。入場無料。


| | トラックバック ( 0 )

2017年10月26日

甘くて、でっかい黒田如水柿

木之本町、黒田生産組合で出荷最盛
 「甘くて、でっかい!」と評判の木之本町特産「黒田如水柿」の出荷が最盛を迎えている。
 黒田柿生産組合(小畑義彦組合長・8人)は平成17年から耕作放棄地など約88㌃を利用し、500本の栽培を始め、21年から本格的に出荷を開始した。
 「黒田如水柿」は一般の柿より、ひと回り大きい種「太秋」。果汁が多く、サクサクした梨のような食感を楽しめる。今年は作柄も良く、平年と比べ大玉で、甘みも乗っている。ただ、台風の影響で5%程度、収穫量は少ないが、300ケース(14個入り、4㌔前後)を出荷する予定。
 ネーミングは戦国時代、豊臣秀吉の軍師として仕えた地元出身の黒田官兵衛(のちに如水)に由来。組合では「甘く熟した証の筋『条紋』入りや1個450㌘以上のものもある。旬の味覚を楽しんで」と話している。
 湖北みずどりステーション(湖北町今西)、ふれあいステーションおかん(JR木ノ本駅構内)、JA農産物直売所ゆめまる館(高月町高月)、黒田集会所前の直売所で販売。1個250〜300円。


| | トラックバック ( 0 )

2017年10月25日

三成をかくまった「元屋敷」

谷口町の石田さん、顕彰碑を建立
 関ヶ原の戦いで負け、逃げ延びた石田三成をかくまったとされる谷口町の「元屋敷」に、地元の人たちの偉業を伝える顕彰碑が建立された。
 三成は1600年(慶長5)9月15日、関ヶ原合戦で敗れ、敵方から逃れるため、伊吹山の尾根を北上。東草野谷や七曲峠を経て、谷口村にたどり着いた。
 現在は杉林になっているが当時、60軒余りの集落があり、庄屋は寝間の床下に三成を隠し、手厚くもてなしたとされる。礼として庄屋には石田姓や「鳩八」の家紋が与えらるが、三成はその2日後、母の親元があった古橋村(現・木之本町古橋)で捕縛される。
 1897年(明治29年)の大洪水で集落は流され、人々は現在地に移住。三成をかくまった「元屋敷」には石田神社が設けられた。
 近年の三成ブームにあやかり、多くの観光客が谷口町を訪れることから、石田家の末えい・石田賢さん(76)=谷口町=は、石田神社の由来などを解説する石碑(高さ76㌢、幅180㌢、厚さ10㌢)を建立した。
 碑には「敗者だった三成を命の危険を顧みず、留めたのは村人の団結力や庄屋の統率力、三成の善政に報いようとする人々の熱い思いがあったから」などと刻まれている。
 石田さんは「谷口の団結力、受け継がれてきた伝統を広く知ってほしかった。今後は鞘堂の整備にも着手したい」と話している。
 なお、石田神社への「県道野瀬・上山田線」は山頂付近の土砂崩落により、現在、車両通行止めとなっているが、歩いて見学することは可能。設置場所は「谷口林業地」看板から約200㍍先。


| | トラックバック ( 0 )

2017年10月24日

美術室に心象風景画

浅井文化ホールで谷口さんの絵画展
 浅井文化ホールで、榎木町の心象風景画家・谷口貴陽さん(29)の絵画展が開かれている。
 谷口さんは飲食店などで働きながら、通信制大学に通っていたが、25歳の時、美大のオープンキャンパスに参加し、「絵を描きたい」という衝動にかられ、親を説得し、北海道の大学で美術を学ぶように。
 在学中はイラストや絵画、デジタル画などを学び、版画と油絵を専攻。3年の時、体調を崩し、帰郷したが、療養しながら創作活動を続けている。
 谷口さんは画材を研究しており、油彩や版画、デジタルコラージュなどを混合するミクストメディアや、音楽に合わせアクリル水彩をまき散らし、色を塗り重ねるアクションペインティングを得意としている。
 展示会場の2階ギャラリーは学生時代、教授や仲間と語り合え、安らぎの場だった美術室をイメージしたレイアウトにし、作品10点のほか、美術の本やクロッキー帳などを木製机の上に並べている。谷口さんは「作品には、あえてタイトルキャプションはつけておらず、見てもらった人に『何に見えるかな?』とイメージを膨らませてほしい」と話している。
 午前9時から午後5時、11月8日まで。無料。月曜休館。


| | トラックバック ( 0 )

息合った演奏を披露

10中学校の吹奏楽部が参加
 長浜市内10中学校の吹奏学部による吹奏楽祭が20日、長浜文芸会館で開かれた。
 市内中学校の吹奏楽部員の交流と発表の場をつくるため、市、市教委、長浜文化スポーツ振興事業団が企画し、今年で4回目。長浜東、西、南、北、びわ、浅井、虎姫、湖北、高月、木之本の10中学校から約270人が出演。2校でペアを組み、「美女と野獣」「ライオンキング」などの映画音楽や、アニメ「名探偵コナン」テーマソングのほか「海の声」「風になりたい」などを、息のあった演奏で披露していた。夏休みに中学生に演奏を指導した関西フィルハーモニー管弦楽団の団員3人による演奏もあり、中学生がプロの音色に酔っていた


| | トラックバック ( 0 )

2017年10月21日

季節はずれのひまわり

己高庵近くで5千本、見ごろ
 木之本町古橋、己高庵の近くの畑で、ヒマワリが満開となっており、話題となっている。
 近くの鶏足寺一帯の環境整備をしている古橋活性化委員会(金谷彰一委員長)は農村風景の保全を目的に、4年前から耕作放棄地にコスモスなどを植えており、ヒマワリは紅葉茶会に合わせて咲くようにと8月、約30㌃の畑に種を撒いた。
 獣害防止の電気柵などを畑の周りに張り巡らせ、育てたところ、順調に伸び、1・5㍍前後の高さまで成長。現在、約5000本が満開で、己高庵は「紅葉の時期より少し早く咲き過ぎたかも。今月いっぱいが見ごろ」と話している。
 ヒマワリは11月以降、希望者にプレゼントする。


| | トラックバック ( 0 )

2017年10月19日

蘇れ!パークウェイ大作戦

琵琶湖のてっぺんプロジェクト。つづら尾崎展望台の清掃で、ご褒美
 西浅井の絶景スポット、奥琵琶湖パークウェイを住民の手で「キレイ」にしようと、29日、クリーン作戦が行われることになった。参加者に返礼として、この日限定のカレーが振る舞われるなど、楽しい企画が盛りだくさん。現在、参加ボランティアを募集している。
 住民団体「景観を活かしたまちづくり実行委員会」(安原秀男会長)は西浅井地域の魅力を生かして、地域振興を図っており、地図上で琵琶湖の一番上(てっぺん)に位置する西浅井を日本一の町にしようと「びわこのてっぺんプロジェクト」を開始。その第一弾として「恋人の聖地」に選定されている奥琵琶湖パークウェイの再生に着手する。
 「よみがえれ!パークウェイ大作戦」と銘打った清掃、整備活動(午前10時〜正午)は大人たちが、つづら尾崎展望台周辺の木々の枝打ちやごみ拾いなどを。子どもたちには傷んでいる「手すり」のペンキ塗り、木こり作業などを手伝ってもらう。
 作業後の昼食は、ご褒美としてご飯の山盛りを挟んで、「きのこ」と「しじみ」の2つの味が楽しめる特製「てっぺんカレー」が食べられる。
 このほか、木の枝を使った鉛筆(ネイチャーペンシル)作りや、本格ダッチオーブンで燻したビワマスの試食会、記念植樹(先着5組)なども。いずれも無くなり次第、終了。
 参加申し込みの締め切りは10月24日。先着150人。無料。


| | トラックバック ( 0 )

国友に種子島銃、寄贈

西之表市から、廣瀬会長が修理
 鉄砲にゆかりがある鹿児島県西之表市(種子島)から国友町に銃1丁が寄贈された。
 両市町は35年間、住民同士が草の根交流を続けており、国友鉄砲研究会の廣瀬一實会長(76)らは、たびたび西之表市を訪問している。同市でみやげ物店を経営する名越和子さん(85)とは当初から親交があり、今年8月、廣瀬会長が訪れた際「国友に種子島鉄砲がないのはさびしい。よかったら好きなものを持って帰って」と言われた。
 名越さんは銃を40丁余所有しており、譲り受けた銃は江戸後期の作とみられ、全長約115㌢、銃身83㌢、口径1・2㌢。種子島銃特有のシンプルな形をしているが、胴金、火ぶた、火ばさみなどに金メッキが施されている。
 引き金など機関部の調子が悪かったが、廣瀬会長が分解修理し、空砲にも耐えられるようになった。
 銃は近く国友鉄砲の里資料館に展示される予定。廣瀬会長は「傷みのない美品。資料館にまたひとつ自慢の品が増えた」と喜んでいる。


| | トラックバック ( 0 )

2017年10月18日

「とても穏やかな気持ち」

菩薩メイクで高月の観音様を巡礼
 菩薩メイクで観音様を巡るツアーが15日、高月町で行われ、菩薩姿に扮した人たちが渡岸寺などを巡礼した。
 この日行われた「観音の里ふるさとまつり」に合わせ、高月地域づくり協議会と市民グループ「高月にぎやかし隊」が企画したもの。
 一般公募で参加した県内外30〜50代の男女8人がメイクアーティストのTETTAさん(35)=神奈川県藤枝市=から化粧の方法などを学んだ後、自分たちで約1時間かけ、菩薩に変身した。
 一行は冷水寺(宇根)、雨森観音堂、渡岸寺(向源寺)をバスで巡回。冷水寺では冷水寺胎内仏資料館の下村正勝館長から、先人の篤い信仰心や観音様の歴史などを聞いた。
 木之本町千田の田川浩司さん(33)は「メイクすると自分じゃなくなり、不思議な感覚。とても穏やかな気持ちになった」と話していた。


| | トラックバック ( 0 )

2017年10月17日

ふわり、笑顔を乗せて

虎姫小の児童が気球を体験
 虎姫小学校の5、6年生が14日、大きな気球に乗って空から自分たちの住む町を見回した。
 同校PTA(音羽勇雄会長)が南田附町の「バルーンクラブ備前」に協力を呼びかけ、実現。クラブ事務局の江川恵理さんが気球の浮き上がる仕組みなどを解説した後、希望した約60人が係留飛行を体験した。
 搭乗した気球は高さ約25㍍、幅15㍍のきれいなトリコロールカラー。虎姫運動広場に駐車した4台の車とロープでつないでいる。
 児童たちは4、5人ごとにゴンドラへ乗り、バルーン内に熱風を送るバーナーの大きな音が鳴ると、びっくり。「ふわり」と高さ約15㍍まで上昇すると、「こわい」「すごい」などと歓声をあげていた。
 江川さんは「皆さんに笑顔をプレゼントしたかった」と語り、5年の村居蓮君は「すごく高く、思っていた以上だった。周りが見渡せて気持ちよかった」と話していた。


| | トラックバック ( 0 )

2017年10月16日

80人がコスプレ

近江公民館でコンテスト
 米原市、近江公民館で15日、ハロウィン仮装&コスプレコンテストが開かれ、約80人が参加者した。
 個人の部に13人、団体の部に17組が出場。参加者が思い思いにアニメの主人公や人気キャラクターなどになりきり、ステージ上で自己PRをした(写真)。入賞者は次の皆さん。
 【個人】①渡辺悟司②茂森南実③池野世理子④茂森真生⑤田附健翔。
 【団体(代表者)】①松井幸子②山田悠人③杉山薫④粕渕奈津子⑤塚口光子。


| | トラックバック ( 0 )

2017年10月13日

土倉鉱山跡や孤篷庵など描く

第4日曜写生会 長浜文芸会館で作品展
 絵画愛好家グループ「第4日曜写生会」の作品展が13日から15日まで長浜文芸会館で開かれている。
 同会は長浜市を中心に会員約40人で構成。毎月第4日曜に県内各地へ写生に出かけ、風景や街並みなどを描いている。今年は木之本町・土倉鉱山跡、近江孤篷庵、野瀬町・草野川、高島市・在原集落、彦根市・鳥居本などを訪ねた。
 作品展では自然風景や古民家、集落などを描いた油彩、水彩、切り絵など、22人が計64点を出品。世話人代表の宮輝雄さん(78)=朝日町=は「伸び伸びとしたタッチで描いたり、光と影を克明に表現したりと、作者それぞれの特色を感じてもらえれば」と来場を呼びかけている。午前9時から午後5時まで(最終日は同4時まで)。


長浜アーティストクラブ展も
 長浜アーティストクラブ展が15日まで長浜文芸会館で開かれている。会員19人が洋画や日本画、書、彫刻、陶芸、工芸作品などを出品している。午前9時から午後5時まで(最終日は同4時まで)。


| | トラックバック ( 0 )

2017年10月12日

マジか!? バスでカレーライス

長浜バイオ大学、学園祭で販売
 長浜バイオ大学の学生サークルが、曽根町のインド・ネパール料理店とブラックバスのフライをトッピングしたオリジナルカレーを開発。21、22の両日に開く学園祭で販売する。
 学生サークル「琵琶湖研究部」(亀田森羅部長、33人)は昨年、市内のイベント、学園祭の模擬店でブラックバスの天ぷらを提供。好評だったため、新たなメニューを模索していたところ、野外実習「湖北動物プロジェクト」を通して、湖魚のニゴイを利用した料理のレシピを考えていたアニマルバイオサイエンス学科の野村慎太郎教授(63)と話が合い、野村教授の友人「カレーハウス長浜店」のオーナー、サプコタ・ラムさん(37)にフィッシュカレーの話を持ちかけた。
 外来魚のブラックバスはアユやモロコなど在来魚を食い荒らす、琵琶湖の厄介者。ニゴイはマジカと呼ばれ、小骨が多く、青臭いため、商品価値がなく、捕獲されてもほとんどが廃棄処分されていた。
 しかし、いずれも、たん白な白身魚で、「調理法次第でおいしくなるのでは」と学生たちは独自のレシピを考え、カレーに加えることに。
 捕獲されたばかりの魚はすぐに皮を剥ぎ、内蔵と白身をわけることで、臭みを解消。小骨は毛抜きですべて取り除き、火の通りをよくするため、1㌢角のサイコロ状にして、油で揚げた。
 カレーはトマトやタマネギ、ショウガやニンニク、レモンを入れ、ラムさんが白身魚に合うよう、マイルドな味に仕上げた。カレーライスにはフライ3〜4個をトッピングする。
 亀田部長は「食べられる魚が棄てられていることはもったいない。カレーを通して、自然循環型社会を提唱したい」と話している。カレーは1日50食限定。1皿300円。


21・22日「命洸祭」、長浜バイオ大学
 長浜バイオ大学は21、22の両日、学内で学園祭「命洸祭」を開く。
 21日は長浜横断ウルトラクイズ(正午)、吉本芸人ファミリーレストラン、レイザーラモン、吉田たちのお笑いライブ(午後1時10分)、風船割りゲーム(午後2時半)、仮装大会(午後4時半)など。
 22日は箱の中身を当てるゲーム(午前11時40分)、2人組ユニットLefaのライブ(午後0時40分)や椀子そば早食い競争(午後4時10分)など。両日を通して脱出ゲームやこども縁日、スタンプラリーや模擬店なども。21日は午前10時半から午後5時半、22日は午前11時から午後6時40分。一般来場歓迎。入場無料。


| | トラックバック ( 0 )

2017年10月11日

男女3人に感謝状

行方不明男性を早期発見、 振り込め詐欺阻止2度目
 木之本署は10日、行方不明になった男性(83)の早期発見に貢献した伊香交通の配車係・佐竹町子さん(62)とタクシー運転手の川添泰志さん(78)、振り込め詐欺を水際で阻止したJA北びわこ永原支店、渉外係の谷口健一郎さん(28)に感謝状を贈った。谷口さんは今年1月に続き、2回目のお手柄。
 3日、県外から木之本にバスで観光に訪れていたツアー客から、同署に「集合時間の午前11時45分になっても男性が現れない」と通報が入った。署員を総動員して付近を捜索したが見つからず、最寄りの交通機関に手配。連絡を受けた佐竹さんはドライバーらに男性が行方不明になっていることを無線で教えた。
 午後1時半ごろ、西浅井町塩津浜のコンビニから「男性を乗せてほしい」と依頼を受け、川添さんが向かうと、コンビニ前でうずくまっている男性を発見。「どうしたのですか?」と聞くと、「木之本から歩いてきて、疲れた」「小牧まで乗せてほしい」と言われた。
 おかしいと直感した川添さんは佐竹さんと連絡を取り合いながら、行方不明の男性であることを確認。体調などを気遣いながら同署まで送り届けた。
 署によると、男性はバスに乗り遅れたと勘違いし、昼食会場の須賀谷温泉まで向かったが、道を間違えたらしい。ドライバー歴13年の川添さんは「普段から心配りに気をつけている。当たり前のことをしただけ」と謙遜していた。
◇   ◇
 谷口さんも3日、窓口で応対した女性(81)が口座から300万円を下ろそうとしたが、理由を尋ねても言葉を濁したのを不審に思い、書類が足りないことを理由に自宅へ一旦、戻した。
 その直後、女性方を訪問し、粘り強く話を聞くと息子を名乗る男から「会社からお金を借りている。何とかできないか」と電話があったと聞き、詐欺と直感。110番通報し、被害を未然に防いだ。
 笹木長幸署長は「警察の力には限界がある。皆さんの力を借りながら、事件、事故防止に努めたい」と語っていた。


| | トラックバック ( 0 )

2017年10月10日

会場は笑いと拍手の渦

大道芸フェスタに7500人
 パントマイムやアクロバットなど、超一流の大道芸が楽しめる「大道芸フェスタin虎御前」が9日、虎姫生きがいセンターで開かれ、約7500人(主催・とらひめまつり大会委員会まとめ)の人出で賑わった。
 会場では細長い棒の上でハイテクニックなワザを披露するパフォーマーSYO!が手に汗握るアクロバットを展開。パントマイムやジャグリングなどを融合させた「指」のパフォーマンスを演じるZANGEやイラストを描きながら愉快なパントマイムを展開したコメディショー・クロキキィブラザーズ(韓国)には大きな拍手が沸き、青いジャージ姿の加納真実は独特の世界感を演じ、会場を笑いに包んでいた。


| | トラックバック ( 0 )

2017年10月07日

秋の賑わい!アート・イン・ナガハマ

作家181組が出展、新企画もいっぱい
 秋のビッグ芸術イベント「アート・イン・ナガハマ」(AIN)が7日、中心市街地一帯で開幕。たくさんの来場者で賑わっている。
 31回目となる今回は全国から181組の作家が集結。北国街道や大手門通り、ながはま御坊表参道やゆう壱番街などに布製品や木工、陶芸、絵画、ガラス工芸などを並べ、展示販売している。
 新企画として文泉堂では動物墨絵師の佐藤周作さん(32)=東京都=が石田三成ら4人の武将をキツネやシカなどに見立て、襖に描くパフォーマンスを披露。曳山博物館伝承スタジオでは長浜文化芸術ユース会議「はまかるNEXT」のオリジナルミュージカル「私をお城に連れててって」の上演、長浜アートセンターではローカルフォトアカデミーの写真展示が行われている。
 見学に訪れた彦根東中学校美術部2年の下村菜月さんと藤澤美有さんは「買えるところが楽しい。今後の作品作りの参考になる。将来、出展したい」と話していた。
 AINは8日も開催。午前10時から午後5時まで(8日は同4時まで)。


| | トラックバック ( 0 )

2017年10月06日

紙と布 平面と空間を飾る

テオリアで「紙と和紙」展
 神前町の十里街道生活工芸館テオリアで女性2人による展示「紙と和紙」が開かれている。
 名古屋市の染織作家・下村訓子さんは麻や書道紙を煮たり、ミキサーで混ぜたりして泥状にし、紙すきの手法で正方形の平面作品に仕上げている。崩れた土壁や汚れたコンクリート塀などを思わせる作品は、布や紙の繊維が引き出す「意外性」のある表情が魅力的。
 各務原市の造形作家・村上典子さんは美濃和紙と原料の楮を素材にした立体作品などを展示。美濃和紙を花びらや蝶が宙に舞うように飾り付けた作品などが目を引く。
 計100点を展示。午前10時から午後4時、22日まで。火曜休館。


「木を植えた人」朗読
 「紙と和紙」展にあわせ、13日午後7時から朗読会「『木を植えた人』を聴く会」が開かれる。名古屋市の俳優・榊原忠美さん(劇団クセックACT)がライフワークとして続ける朗読会で、たった1人で木を植え続ける男性の物語を読み上げる。定員30人。対象は中学生以上。1500円(コーヒー、菓子つき)。


| | トラックバック ( 0 )

2017年10月05日

3連休は米原曳山まつり

旭山組の子ども役者が追い込み
 子ども歌舞伎が見ものの「米原曳山まつり」が7〜9日の3日間、米原市米原一帯で行われる。今年は北町の旭山組が歌舞伎の3大名作として名高い「菅原伝授手習鑑 三段目車曳の段」を演じる。
 米原の曳山まつりは長浜曳山まつりを見習い、江戸時代の後半期に始まったとされる。本来3基の出場を基本としているが、少子化で役者の確保が難しくなっているため、近年は輪番制をとっている。旭山組は8月23日から練習を開始。本番を間近に控え、小学生5人が連夜、追い込みをかけている。
 「菅原伝授手習鑑」は菅原道真が、政敵の藤原氏の陰謀によって左遷された事件などを基にした物語。「仮名手本忠臣蔵」「義経千本桜」と並び、「義太夫狂言」の3大名作の1つとされている。
 三段目車曳の段は道真、藤原時平、斎世親王にそれぞれ仕える仲が良い三つ子の兄弟、梅王丸・松王丸・桜丸の3人が敵味方に分かれて争う物語。派手な太刀回りや見栄が見どころ。
 筆頭総代の土川和弘さんは「この演目は米原では初演。初めて歌舞伎を観る人でもわかりやすいストーリー」と述べ、主役を演じる三浦唯人君は「恐いキャラクターを演じるため、表情などを工夫している。本番が楽しみ」と話している。
 指導している千川貴楽さんは「今年の役者は皆、若く行儀から教えてきた。ここに来てめっきり上達しており、本番に向け、さらに完成度を高めたい。派手な衣裳や演出を楽しみにしてほしい」と語っている。
 宵宮(7日)は正午から3回上演。神社に向かう登り山は午後8時半から。本楽(8日)は午後0時半から4回上演。山倉、詰め所から神社まで練り歩く御渡りは午前8時半から。後宴(9日)は午後1時から4回上演。三役と役者は次の皆さん。
《旭山組》
 【三役】▽振付=千川貴楽▽太夫=竹本美功▽三味線=豊澤龍太。
 【役者】▽三番叟と金棒引=三浦蓮人(2年)▽梅王丸=岩田剛弥(4年)▽藤原時平=森煌平(2年)▽松王丸=三浦唯人(5年)▽桜丸=鍔田咲斗(3年)。


| | トラックバック ( 0 )

2017年10月04日

オリックス バッファローズ、高月の前田投手を選出

NPB12球団ジュニアトーナメント 高月野球スポーツ少年団の前田悠伍投手(古保利小6年)=写真=はNPB12球団ジュニアトーナメント「オリックスバッファローズジュニア」チームのメンバーに選ばれた。滋賀県から唯一の選出。
 トーナメントは2005年から毎年12月下旬、日本野球機構(NPB)に属するプロ野球12球団主催の少年野球大会。球団ごとにセレクション(選考会)を実施し、小学5、6年生を中心としたジュニアチームを結成。3チームずつ4グループに分かれ、リーグ戦をし、各1位の計4チームが決勝トーナメントに進出。王者を決める。
 高月野球スポーツ少年団は7月29日、大阪で開かれた「オリックスバッファローズカップ」(近畿大会)に県代表として出場。1回戦に先発した前田投手は神戸のチームを1対0で完封勝利。そのピッチングがオリックスの球団関係者の目に止まり「セレクションを受けてみないか」と薦められた。
 9月18日のセレクションにはバッファローズカップに出場した約4000人の中から抜擢された110人が参加。30㍍走とフリーバッティング、ピッチングのテストがあり、うち16人がメンバーに選ばれた。
 前田投手は身長160㌢で、左腕から繰り出す110㌔を超える速球が武器。4年から投手となり、5年の時にはノーヒットノーランを達成。今シーズンは2試合、完封している。
 夢はプロ野球選手で目標はオリックスのエース・金子千尋投手。背番号は11番に決まり「大会ではいいピッチングをして、優勝したい」と意気込んでいる。
 過去、トーナメントに出場したメンバーの中には松井裕樹投手(楽天)、森友哉捕手(西武)、高山俊外野手(阪神)など、プロに進んだ選手も。なお、試合は12月27日から札幌ドームで行われる。


| | トラックバック ( 0 )

2017年10月03日

青学チーム、ごぼう抜き

初の駅伝大会、米原中陸上部Aが優勝
 箱根駅伝で3連覇した青山学院大学(青学)陸上部の選手を招いた「青学駅伝」が1日、米原中学校で行われ、市民ランナーたちが選手と一緒に力走した。
 青学は米原市と地域包括協定を締結しており、陸上部の原晋監督も市のスポーツ応援大使に就任していることが縁で初の駅伝が実現した。
 コースは各選手が学校周辺の1・2㌔を周回し、市民ランナーは6人、青学チームは3人でたすきをリレー。ハンデ戦で小学、一般、中学、高校の順に計24チームがスタートし、その後を青学の選手が追いかけた。
 スターター・原監督の号砲で各部門の第1ランナーがスタート。市民ランナーが必死に走るのに対し、青学の選手たちは笑顔を見せるなどの余裕。しかし、子どもたちをごぼう抜きするなどし、約450人の観客からは「速い」「すごい」などと歓声が上がっていた。
 優勝は米原中学校陸上部Aチーム。2位は滋賀電力ランニングクラブC、3位は伊吹高校ホッケー部Aで青学チームは4位だった。


| | トラックバック ( 0 )

2017年10月02日

慰問カラオケ1000回

ボランティアグループ ハッピー&スター
 介護施設などでカラオケを披露しているボランティアグループ「ハッピー&スター」の慰問コンサートが9月30日で1000回を迎えた。
 グループは2010年にカラオケ愛好家の西川信吉さん(64)=南浜町=がカラオケ喫茶などで歌を楽しむ仲間に呼びかけて結成した。少しずつ輪が広がり、現在は湖北、湖東地域の14人で構成。カラオケ大会の入賞者など歌唱力に自信のあるベテランが揃っている。
 活動はデイサービスセンターや老人ホームなどからの依頼を受けて、音楽機材を持ち込み、演歌や懐メロを届けている。依頼が重なれば、1日に2回公演することも。
 1000回目の舞台となったのは田中ケアサービスの運営するショートステイ「あいあい」(祇園町)。この日は西川さんを含む男女5人がマイクを握り、「俵屋玄蕃」「湯島の白梅」「ここに幸あり」「琵琶湖周航の歌」などを順番に歌い上げた。入所者は手拍子するなどして懐かしのメロディーを楽しみ、出演者と入所者が一緒に合唱する場面もあった。
 西川さんは「入所者や施設の職員の方に『今度いつ来てくれる』『楽しみしているよ』と声をかけてもらえると、こちらも元気が出る。次は1500回を目指したい」と話している。
 なお、ハッピー&スターでは慰問1000回を記念したチャリティーコンサートを11月25日に市民交流センターで催す予定。


| | トラックバック ( 0 )


しが彦根新聞
滋賀夕刊電子版
滋賀夕刊宅配版
滋賀夕刊デジタルトライアル
“新聞広告の資料請求、ご案内はこちらから"
 
長浜市
長浜市議会