滋賀夕刊新聞社は滋賀県長浜を中心に政治、経済、文化の情報をお届けする新聞です。



光と色の融合の輝き

「ブリエパピエ」 ローズウィンドウの作品展
紙のステンドグラス、ローズウィンドウの教室「ブリエパピエ」(河瀬有子主宰)の作品展が、湖北町速水の湖北まちづくりセンターで開かれている。
 ローズウィンドウはヨーロッパ発祥の工芸品。教会の丸いステンドグラス「バラ窓」に似た色形をしており、異なる色柄の薄紙を切り抜いて貼り合わせるペーパーアートで、光と色が融合してきれいな輝きを放つ。
 日本では長浜出身の中山真季さんが第一人者として世間に広め、河瀬さんは4年前、中山さんの個展を見て感動し、弟子入り。認定講師の資格を取得した。
 河瀬さんはローズウィンドウの素晴らしさを地元の人たちにも知ってもらおうと、毎月第2金曜、国際文化ハウスGEOでの定期講座を開くほか、各地で体験会を催している。
 会場には受講生12人が思い思いの色柄を組み合わせた113点を並べている。河瀬さんは「ギャラリーが別世界のようになっており、実際に見て、繊細さなどを間近で感じてほしい」と話している。午前8時半から午後6時、29日まで。水曜と祝日は休み。無料。
 なお、28日午前、ワークショップを企画。


2017年09月11日 15:16 |


過去のニュース


しが彦根新聞
滋賀夕刊電子版
滋賀夕刊宅配版
滋賀夕刊デジタルトライアル
“新聞広告の資料請求、ご案内はこちらから"
 
長浜市
長浜市議会