滋賀夕刊新聞社は滋賀県長浜を中心に政治、経済、文化の情報をお届けする新聞です。



長浜リトルシニア誕生へ

中学硬式野球クラブ、第1期生募集
 中学生硬式野球クラブチーム「長浜リトルシニア」(沢尾健治代表)が発足。第1期生を募集している。
 長浜在住の高校、大学野球経験者やスポ少指導者が「優秀な選手が他地域に流出している。湖北地域の野球のレベルアップを図ろう」と立ち上がり、現在、日本リトルシニア中学硬式野球協会に加盟を申請中。来年4月、選手登録と同時に正式加盟の運びとなる。
 練習や試合は長浜、米原の球場・グラウンドで土日、祭日に実施。大会前などは平日夜の練習も。年3回の定期戦のほか、招待試合や記念大会、練習試合なども予定されている。
 監督の徳原栄彦さん(44)は「湖北の高校から甲子園を目指してほしい。(大学、社会人まで)長く野球を続けてもらいたい」と語っている。
 近年、長浜市内の中学では野球部が部員不足などから休廃部なっているところも。事務局の北村慎太郎さん(44)は「野球を続けたい子の受け皿に。また、スポ少で優秀だった選手たちが高校でも十分通用できるレベルに持ってゆきたい」と述べ、ヘッドコーチの早津亮児さん(45)は「より新しい野球を教え、将来につなげたい」と夢を語る。
 長浜リトルシニアでは保護者の負担を軽減させようと「お茶当番」を廃止し、最寄り駅から練習会場まで選手を送迎する。
 入部対象者は湖北地域の小学6年生。中学1、2年も可、男女問わず。入会金は登録費、保険料込みで7000円。月会費は8000円。10月に体験入部会、来年1月に説明会を開催。問い合わせは沢尾代表☎090(7116)1779へ。
 【リトルシニア】中学生を対象とする硬式野球の全国組織は「リトルシニア」「ボーイズリーグ」「ヤングリーグ」などがあり、湖北地域では唯一、湖北ボーイズが「ボーイズリーグ」に加盟している。ルールはいずれも高校野球とほぼ変わらないが、故障防止策として投手の投球イニング、登板制限がある。「リトルシニア」滋賀県支部には滋賀南、草津、彦根など9チームが所属する。


2017年07月12日 15:57 |


過去のニュース


しが彦根新聞
滋賀夕刊電子版
滋賀夕刊宅配版
滋賀夕刊デジタルトライアル
“新聞広告の資料請求、ご案内はこちらから"
 
長浜市
長浜市議会