滋賀夕刊新聞社は滋賀県長浜を中心に政治、経済、文化の情報をお届けする新聞です。



乳製品、卵、白砂糖不使用 純粋豆乳アイス

余呉「ムーン・フード・ジャパン」
 余呉町今市の「ムーン・フード・ジャパン」から動物性素材を使わない豆乳アイスが発売された。乳製品、卵、白砂糖を一切使用していない新感覚のスイーツ。
 オーナーの東野雄史さん(31)は学生時代、飲食関係のアルバイトをした経験を生かし、スコットランドに渡り、日本食料理店の店長を務めた。その後、経済成長著しいポーランドに移住し、妻のマーシュさん(30)とロール型の寿司やパン、丼やスイーツを販売する持ち帰り専門店を経営するように。
 東野さんは学生時代からパンクミュージックが好きで、ミュージシャンが主張する「動物の権利」思想に共感。健康志向にも通じることから、提供する料理をすべてビーガン(完全菜食)にした。
 経営は順調で忙しい毎日を過ごす一方で、「都会から離れたい」との思いから、田舎暮らしを決意。約6年の海外生活を経て、妻とともに今年1月、余呉に帰郷。ポーランドでのノウハウを生かし、地元食材を使ったアイスクーリーム作りを生業にしようと考えた。
 コンセプトは「安全で健康的、自然に優しく」。牛乳や卵、白砂糖などは使わず、湖北町産の無農薬大豆を加工した濃厚豆乳をベースに、きび砂糖などをブレンドしたオリジナルアイスを開発した。
 アイスは▽純粋豆乳▽ココナツバニラ▽チョコレート▽宇治抹茶▽ソイラテの5つがあり、どれも個性的な味が楽しめる。5月から発売したところ、アレルギー体質の子を持つ保護者から熱烈なラブコールを受けているという。
 妻と二人三脚でガレージの2階を改造した工場で1日150個を生産。今後、バリエーションを増やす予定で、東野さんは「安心、安全な食べ物はすべての人にゆきわたるべきということが根底にある。おいしくないと食べるのが楽しくないし、価格も安くあるべき」と話している。
 北ビワコホテルグラツィエ、レストランびわ、ウッディパル余呉のほか、インターネットで販売。110㍉㍑入り340円。


2017年06月17日 16:46 |


過去のニュース


しが彦根新聞
滋賀夕刊電子版
滋賀夕刊宅配版
滋賀夕刊デジタルトライアル
“新聞広告の資料請求、ご案内はこちらから"
 
長浜市
長浜市議会