滋賀夕刊新聞社は滋賀県長浜を中心に政治、経済、文化の情報をお届けする新聞です。



蚕の飼育 園児が挑戦

長浜西幼稚園で まず「家」作り
 かつて養蚕業が盛んだった地域にある長浜西幼稚園(相撲町)で24日、園児が蚕を卵から育てる取り組みが始まり、園児が空き箱を使って蚕が住む「家」を作った。
 東近江市で蚕を育てている藤澤徹さんが年長組の園児23人に蚕の生態について「最初は黒色で、脱皮して白くなる。新幹線みたいな形をしている」などと解説し、卵約150個をプレゼントした。
 園児は自宅から持ち寄った空き箱に、蚕のエサとなる桑の葉をハサミで細かく切って入れ、湿度を保つために濡れたティッシュペーパーを隅に置いた後、藤澤さんからもらった卵5個ずつをそっと中に入れた。園児は「めっちゃ、ちっちゃいな」「いつ卵から出てくるの?」とふ化を心待ちにしていた。
 今月末にもふ化し、園児が朝と昼のエサやりを担当する。地元の神照西部まちづくり委員会の有志が協力して、1日3回、新鮮な桑の葉を園に届ける。蚕は7月下旬にも繭となり、園児が卒園式で使用するコサージュに加工したり、蚕の糞を使った「うんこ染め」でスカーフを深緑色に染めたりする。


2017年05月24日 16:08 |


過去のニュース


しが彦根新聞
滋賀夕刊電子版
滋賀夕刊宅配版
滋賀夕刊デジタルトライアル
“新聞広告の資料請求、ご案内はこちらから"
 
長浜市
長浜市議会