滋賀夕刊新聞社は滋賀県長浜を中心に政治、経済、文化の情報をお届けする新聞です。



知られざる地域史発掘

国友町の国友村塾が「国友地域学」発刊
 地域の歴史などを学ぶ「国友村塾」(吉田一郎塾長)は先人の偉業などを紹介した3つの機関紙をまとめた「国友地域学」を発刊した。
 同塾は平成27年7月、国友町の住民有志が「ふるさと国友 ふり向けば未来」を合言葉に発足。「姉川と水」をメインテーマにした連続講座を開くほか、コスモスの花畑づくりや歴史ウォーク、機関紙の発刊などに取り組んでいる。
 「国友地域学」は地元で発行されてきた「国友地域学読本」「国友地域学」「続・國友地域学」を1冊にまとめたもの。江戸時代の寺小屋「開成学校」や遠州流を再興した偉人・辻宗範について解説。発明家・国友一貫斎の偉業や国友鉄砲研究会の廣瀬一實さんが復元した国内初の反射望遠鏡を特集。「五百川」「百太郎」「鰻井」など姉川沿いで起きた水争いの歴史などについてまとめている。
 吉田塾長は「知られざる地域史を発掘した。この本をきっかけに長浜、湖北の『いいとこ探し』につながれば」と話している。
 A4判、242ページ。50部限定で希望者に販売。1冊2000円。国友鉄砲の里資料館、長浜城歴史博物館で取り扱っている。


2017年04月27日 16:00 |


過去のニュース


しが彦根新聞
滋賀夕刊電子版
滋賀夕刊宅配版
滋賀夕刊デジタルトライアル
“新聞広告の資料請求、ご案内はこちらから"
 
長浜市
長浜市議会