滋賀夕刊新聞社は滋賀県長浜を中心に政治、経済、文化の情報をお届けする新聞です。



子ども歌舞伎、稽古大詰め

長浜曳山まつり、9日から裸参り
 長浜曳山まつり(13〜16日)の開幕まで1週間。出番山では子ども役者が熱のこもった稽古を続けている。
 長浜八幡宮に子ども歌舞伎を奉納する今年の出番山は月宮殿、諫皷山、春日山、青海山。それぞれの山組の稽古場では、学校の春休みに合わせて、子ども役者が朝から晩まで稽古漬けの毎日を送っている。
 平維茂による鬼女退治を描いた「紅葉狩」を演じる春日山では、子ども役者6人が振付師の若柳勝也さんから指導を受けている(写真)。美しい姫から鬼女へと変身する中村拓哉君(11)は、宴では華やかな舞を披露し、変身後はおぞましい形相で、赤嶺太洋君(12)演じる維茂を襲う。大立ち回りの動きなど、細かな指導を受けながら、本日に向け完成度を高めている。
◇   ◇
 9日夜には長浜曳山祭總當番の役員らが、各山の子ども歌舞伎の上演時間や稽古の進み具合を確認する「線香番」が行われ、同日から4夜連続で、出番山の若衆が子ども役者の健康やまつりの成功などを願って長浜八幡宮などへ参拝する「裸参り」が行われる。


2017年04月07日 17:44 |


過去のニュース


しが彦根新聞
滋賀夕刊電子版
滋賀夕刊宅配版
滋賀夕刊デジタルトライアル
“新聞広告の資料請求、ご案内はこちらから"
 
長浜市
長浜市議会