滋賀夕刊新聞社は滋賀県長浜を中心に政治、経済、文化の情報をお届けする新聞です。



神前結婚式 外国人にアピール

長浜八幡宮が英訳併記のパンフ作成
 訪日外国人が年間2000万人を突破し、日本の伝統や文化、精神などに関心が集まる中、長浜八幡宮(三家邦明宮司)は神前結婚式について日本人と外国人に知ってもらおうと、日本語と英語を併記した神前結婚式パンフレットを作成した(写真)。
 パンフレット作成は鎮座950年事業の一環。A4判6ページで、「修祓」「三献の儀」「誓詞奏上」「玉串奉典」「親族固めの盃」など神前式の流れを日本語と英語の両方で解説し、写真を添えている。玉串の捧げ方についてはイラストで手順を紹介している。5000部を発行し、八幡宮で配布するほか、ブライダル事業者に配る。
 長浜曳山まつりのユネスコ無形文化遺産の登録を機に、長浜に国際的関心が集まっていることから、八幡宮では「神前結婚式を広めることで、より日本文化に親しんでもらえれば」と話している。
 なお、パンフレット発行を記念して、5月7日に日系ブラジル人を招いた模擬結婚式を行う予定。


2017年03月28日 16:46 |


過去のニュース


しが彦根新聞
滋賀夕刊電子版
滋賀夕刊宅配版
滋賀夕刊デジタルトライアル
“新聞広告の資料請求、ご案内はこちらから"
 
長浜市
長浜市議会